比較グラフ用の関連オブジェクトのリストの定義

[カウンタ グラフ]ペインでは、データおよびパフォーマンスを比較する関連オブジェクトのリストを定義できます。たとえば、Storage Virtual Machine(SVM)でパフォーマンスの問題が発生した場合は、SVM内のすべてのボリュームを比較して、問題の原因となったボリュームを特定できます。

タスク概要

関連オブジェクト グリッド内の任意のオブジェクトを[比較]ペインと[カウンタ グラフ]ペインに追加できます。これにより、複数のオブジェクト同士、およびルート オブジェクトとの間でデータを表示して比較できます。関連オブジェクト グリッドではオブジェクトを追加および削除できますが、[比較]ペイン内のルート オブジェクトは削除できません。

注:[比較]ペインにオブジェクトを追加しすぎると、パフォーマンスが低下する可能性があります。パフォーマンスを維持するには、データ比較用チャートを何個も選択しないでください。

手順

  1. オブジェクト グリッドで、追加するオブジェクトを選択して[追加]ボタンをクリックします。
    [追加]ボタンがグレーに変わり、オブジェクトが[比較]ペイン内の追加オブジェクト リストに追加されます。オブジェクトのデータは、[カウンタ グラフ]ペイン内のグラフに追加されます。オブジェクトの目のアイコン()の色は、グラフ内のオブジェクトのデータ ラインの色に対応しています。
  2. オプション: 選択したオブジェクトのデータを表示または非表示にします。
    作業 処理
    選択したオブジェクトを非表示にする [比較]ペインで、選択したオブジェクトの目のアイコン()をクリックします。

    オブジェクトのデータが非表示になり、そのオブジェクトの目のアイコンがグレーに変わります。

    非表示のオブジェクトを表示する [比較]ペインで、選択したオブジェクトのグレーの目のアイコンをクリックします。

    目のアイコンが元の色に戻り、オブジェクトのデータが[カウンタ グラフ]ペイン内のグラフに再び追加されます。

  3. オプション: 選択したオブジェクトを[比較]ペインから削除します。
    作業 処理
    選択したオブジェクトを1つ削除する [比較]ペインで選択したオブジェクトの名前にマウス ポインタを合わせ、オブジェクトの削除ボタン([X])を表示してクリックします。

    オブジェクトが[比較]ペインから削除され、データがカウンタ チャートから消去されます。

    選択したオブジェクトをすべて削除する [比較]ペインの上部にあるすべてのオブジェクトの削除ボタン([X])をクリックします。

    選択したすべてのオブジェクトとそのデータが削除され、ルート オブジェクトだけが残ります。