パフォーマンス イベントのアラートの追加

パフォーマンス イベントのアラートは、Unified Managerで受信する他のイベントと同様に、イベントごとに個別に設定することができます。また、すべてのパフォーマンス イベントを同じように扱い、同じユーザにEメールを送信する場合は、重大または警告のパフォーマンス イベントがトリガーされたときに通知する共通のアラートを作成することもできます。

開始する前に

OnCommand管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

ここでは、レイテンシ、IOPS、およびMBpsのすべての重大イベントに対するアラートを作成する例を示します。同じ方法ですべてのパフォーマンス カウンタからイベントを選択して、すべての警告イベントに対するアラートを作成することもできます。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[設定] > [アラート生成]をクリックします。
  2. [設定/アラート生成]ページで、[追加]をクリックします。
  3. [アラートの追加]ダイアログ ボックスで、[名前]をクリックし、アラートの名前と説明を入力します。
  4. [リソース]ページで、すべてのリソースの選択を解除します。
    リソースを選択していないため、クラスタ、アグリゲート、ボリュームなど、何に対するイベントを受信したかに関係なく、すべてのリソースにアラートが適用されるようになります。
  5. [イベント]をクリックし、次の操作を実行します。
    1. [イベントの重大度]リストで[重大]を選択します。
    2. [イベント名に次の文字を含む]フィールドに「latency」と入力し、矢印をクリックして一致するすべてのイベントを選択します。
    3. [イベント名に次の文字を含む]フィールドに「iops」と入力し、矢印をクリックして一致するすべてのイベントを選択します。
    4. [イベント名に次の文字を含む]フィールドに「mbps」と入力し、矢印をクリックして一致するすべてのイベントを選択します。
  6. [操作]をクリックし、アラートEメールを受信するユーザの名前を[アラートを通知するユーザ]フィールドで選択します。
  7. SNMPトラップの発行やスクリプトの実行など、このページの他のオプションを設定します。
  8. [保存]をクリックします。