MetroCluster構成のパフォーマンス監視

Unified Managerを使用してMetroCluster構成のクラスタ間の書き込みスループットを監視し、大量の書き込みスループットを生成しているワークロードを特定できます。このような負荷の高いワークロードが原因でローカル クラスタの他のボリュームのI/O応答時間が長くなると、Unified Managerはパフォーマンス イベントを生成してユーザに通知します。

MetroCluster構成のローカル クラスタがデータをパートナー クラスタにミラーリングすると、データはNVRAMに書き込まれてからインタースイッチ リンク(ISL)経由でリモート アグリゲートに転送されます。Unified ManagerはNVRAMを分析し、大量の書き込みスループットがNVRAMを過剰に使用してNVRAMを競合状態にしているワークロードを特定します。

応答時間の偏差がパフォーマンスしきい値を超えたワークロードはVictimと呼ばれ、NVRAMへの書き込みスループットの偏差が通常より高く、競合を引き起こしているワークロードはBullyと呼ばれます。パートナー クラスタにミラリーングされるのは書き込み要求のみであるため、Unified Managerは読み取りスループットを分析しません。

Unified Managerは、MetroCluster構成のクラスタを個別のクラスタとして扱います。クラスタがパートナーかどうかは区別されず、各クラスタからの書き込みスループットが関連付けられることもありません。