ユーザ定義のパフォーマンスしきい値の管理

パフォーマンスしきい値ポリシーを使用して、Unified Managerがイベントを生成し、ワークロード パフォーマンスに影響している可能性のある問題についてシステム管理者に通知するレベルを決定できます。このようなしきい値ポリシーは、ユーザ定義のパフォーマンスしきい値と呼ばれます。

このリリースでは、ユーザ定義、システム定義、動的の各パフォーマンスしきい値がサポートされます。動的およびシステム定義のパフォーマンスしきい値の場合、Unified Managerがワークロードのアクティビティを分析して、適切なしきい値を決定します。ユーザ定義のしきい値の場合、多くのパフォーマンス カウンタおよびストレージ オブジェクトに対してパフォーマンスの上限を定義できます。

注:システム定義のパフォーマンスしきい値と動的なパフォーマンスしきい値はUnified Managerによって設定され、ユーザが設定することはできません。システム定義のパフォーマンスしきい値ポリシーから不要なイベントが送られてくる場合は、[設定/イベントの管理]ページで個々のポリシーを無効にすることができます。