[オブジェクト インベントリ パフォーマンス]ページでのデータのフィルタリング

[オブジェクト インベントリ パフォーマンス]ページでデータをフィルタリングし、特定の条件に基づいてデータをすばやく特定できます。フィルタリングを使用すると、[オブジェクト インベントリ パフォーマンス]ページの内容を絞り込んで、指定した結果だけを表示できます。そのため、関心のあるパフォーマンス データだけを効率的に表示できます。

タスク概要

[フィルタ]パネルを使用して、グリッド ビューをカスタマイズできます。使用可能なフィルタ オプションは、グリッドで表示している関連するオブジェクト タイプによって異なります。フィルタを適用中の場合、[フィルタ]の左側にアスタリスク(*)が表示されます。

次の4種類のフィルタ パラメータがサポートされています。

パラメータ 検証
文字列(テキスト) 演算子は[が次を含む][が次の値で始まる]です。
数値 演算子は[が次の値より大きい][が次の値より小さい]です。
リソース 演算子は[名前に次の文字を含む][名前が次の値で始まる]です。
ステータス 演算子は[が次の値と等しい][が次の値と等しくない]です。

各フィルタについて、3つのフィールドをすべて指定する必要があります。使用可能なフィルタは、現在のページのフィルタ可能な列に基づいて決まります。適用できるフィルタは4つまでです。フィルタ パラメータの組み合わせに基づいてフィルタされた結果が表示されます。フィルタされた結果は、現在表示しているページだけでなく、フィルタで検索するすべてのページに適用されます。

フィルタは[フィルタ]パネルで追加できます。

  1. ページ上部の[フィルタ]をクリックします。[フィルタ]パネルが表示されます。
  2. [フィルタ]パネルで、左側のドロップダウン リストをクリックし、オブジェクト名([クラスタ]など)またはパフォーマンス カウンタを選択します。
  3. 中央のドロップダウン リストをクリックし、最初にオブジェクト名を選択した場合は、論理演算子の[名前に次の文字を含む]または[名前が次の値で始まる]を選択します。最初にパフォーマンス カウンタを選択した場合は、[が次の値より大きい]または[が次の値より小さい]を選択します。最初に[ステータス]を選択した場合は、[が次の値と等しい]または[が次の値と等しくない]を選択します。
  4. 検索条件に数値を指定する必要がある場合は、右側のフィールドに上下の矢印が表示されます。矢印をクリックして目的の数値を表示します。
  5. 検索条件が数値以外の場合は、必要に応じて右側のテキスト フィールドに入力します。
  6. フィルタを追加するには、[フィルタを追加]をクリックします。追加のフィルタ フィールドが表示されます。上記と同じ手順で追加のフィルタを設定します。4つ目のフィルタを追加した時点で[フィルタを追加]ボタンは表示されなくなります。
  7. [フィルタを適用]をクリックします。グリッドにフィルタ オプションが適用され、[フィルタ]ボタンにアスタリスク(*)が表示されます。
  8. 個々のフィルタを削除するには、[フィルタ]パネルで、削除するフィルタの右にあるごみ箱のアイコンをクリックします。
  9. すべてのフィルタを削除するには、[フィルタ]パネルの下部にある[リセット]をクリックします。

フィルタリングの例

この図では、[フィルタ]パネルで3つのフィルタを設定しています。フィルタの最大数に達していないため、[フィルタを追加]ボタンが表示されています。

[フィルタを適用]をクリックすると、[フィルタ]パネルが閉じてフィルタが適用されます。