パフォーマンス イベントの重大度タイプ

パフォーマンス イベントには、対処する際の優先度を判別できるように、それぞれ重大度タイプが関連付けられています。

重大
パフォーマンス イベントが発生しており、すぐに対処しないとサービスが停止する可能性があります。
重大イベントは、ユーザ定義のしきい値からのみ生成されます。
警告
クラスタ オブジェクトのパフォーマンス カウンタが正常な範囲から外れており、重大な問題にならないように監視が必要です。この重大度のイベントではサービスは停止しません。早急な対処も不要です。
警告イベントは、システムまたはユーザ定義のしきい値、あるいは動的なしきい値から生成されます。
情報
新しいオブジェクトが検出されたときやユーザ操作が実行されたときに発生します。たとえば、ストレージ オブジェクトが削除されたときや設定に変更があったときは、情報タイプの重大度のイベントが生成されます。
情報イベントは、ONTAPで設定の変更が検出されたときに直接生成されます。