組み合わせしきい値ポリシーで使用可能なオブジェクトとカウンタ

組み合わせポリシーで一緒に使用できるパフォーマンス カウンタには種類に制限があります。プライマリとセカンダリのパフォーマンス カウンタが指定されている場合、両方のパフォーマンス カウンタが上限を超えたときにイベントが生成されます。

プライマリ ストレージのオブジェクトとカウンタ セカンダリ ストレージのオブジェクトとカウンタ
ボリューム レイテンシ ボリュームIOPS
ボリュームMBps
アグリゲート利用率
アグリゲート使用済みパフォーマンス容量
ノード利用率
ノード使用済みパフォーマンス容量
ノード使用済みパフォーマンス容量 - テイクオーバー
LUN レイテンシ LUN IOPS
LUN MBps
アグリゲート利用率
アグリゲート使用済みパフォーマンス容量
ノード利用率
ノード使用済みパフォーマンス容量
ノード使用済みパフォーマンス容量 - テイクオーバー
注:ボリュームの組み合わせポリシーをFlexVolではなくFlexGroupボリュームに適用する場合、セカンダリのカウンタとして選択できる属性は「ボリュームIOPS」「ボリュームMBps」のみです。しきい値ポリシーにノードまたはアグリゲートの属性が1つでも含まれていると、そのポリシーはFlexGroupボリュームには適用されず、エラー メッセージが表示されます。これは、FlexGroupボリュームは複数のノードまたはアグリゲートにまたがる場合があるためです。