ストレージ オブジェクトからのパフォーマンスしきい値ポリシーの削除

Unified Managerでパフォーマンス カウンタの値を監視する必要がなくなった場合は、ストレージ オブジェクトからユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーを削除できます。

開始する前に

OnCommand管理者のロールが必要です。

タスク概要

選択したオブジェクトから一度に削除できるポリシーは1つのみです。

リストから複数のオブジェクトを選択すると、複数のストレージ オブジェクトから同じしきい値ポリシーを削除できます。

手順

  1. 任意のストレージ オブジェクトのインベントリ ページで、パフォーマンスしきい値ポリシーが少なくとも1つ適用されているオブジェクトを選択します。
    対象 操作
    単一のオブジェクト そのオブジェクトの左にあるチェック ボックスをオンにします。
    複数のオブジェクト 各オブジェクトの左にあるチェック ボックスをオンにします。
    ページに表示されたすべてのオブジェクト をクリックして、[このページにすべてのオブジェクトを選択]を選択します。
    同じタイプのすべてのオブジェクト をクリックして、[すべてのオブジェクトを選択]を選択します。
  2. [パフォーマンスしきい値ポリシーの解除]をクリックします。
    選択したストレージ オブジェクトに割り当てられているしきい値ポリシーのリストが[しきい値ポリシーの解除]ページに表示されます。
  3. オブジェクトから削除するしきい値ポリシーを選択し、[ポリシーの解除]をクリックします。
    しきい値ポリシーを選択するとそのポリシーの詳細が表示され、正しいポリシーを選択したかどうかを確認できます。