ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーの作成

ストレージ オブジェクトに対するパフォーマンスしきい値ポリシーを作成して、パフォーマンス カウンタが特定の値を超えたときに通知が送信されるように設定します。イベント通知により、クラスタでパフォーマンスの問題が発生していることを確認できます。

開始する前に

OnCommand管理者のロールが必要です。

タスク概要

パフォーマンスしきい値ポリシーを作成するには、[しきい値ポリシーの作成]ページでしきい値を入力します。このページでポリシーのすべての値を定義して新しいポリシーを作成できるほか、既存のポリシーのコピー(クローン)を作成して値を変更することもできます。

しきい値の有効な値は、数値については0.001~10,000,000、割合については0.001~100、使用済みパフォーマンス容量の割合については0.001~200です。

注:現在のリリースでは、カウンタの値が設定値を超えたときにイベントを送信するしきい値を設定できます。カウンタの値が設定値を下回ったときにイベントを送信するしきい値は設定できません。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[設定] > [パフォーマンスしきい値]を選択します。
    [設定 / パフォーマンスしきい値]ページが表示されます。
  2. 新しいポリシーを作成するか、類似のポリシーのクローンを作成して変更するかに応じて、該当するボタンをクリックします。
    目的 操作
    新しいポリシーを作成する 作成
    既存のポリシーのクローンを作成する 新しいポリシーを選択して[クローン]をクリック
    [しきい値ポリシーの作成]ページまたは[しきい値ポリシーのクローン]ページが表示されます。
  3. 特定のストレージ オブジェクトに対して設定するパフォーマンス カウンタのしきい値を指定して、しきい値ポリシーを定義します。
    1. ストレージ オブジェクトのタイプを選択し、ポリシーの名前と説明を指定します。
    2. 追跡するパフォーマンス カウンタを選択し、警告イベントと重大イベントの制限値を指定します。
      警告または重大のいずれかの制限を少なくとも1つ定義する必要があります。必ずしも両方のタイプの制限を定義する必要はありません。
    3. 必要に応じて、セカンダリ パフォーマンス カウンタを選択し、警告イベントと重大イベントの制限値を指定します。
      セカンダリ カウンタを含めた場合は、両方のカウンタが制限値を超えた場合にしきい値違反としてイベントが報告されます。組み合わせポリシーを使用して設定できるオブジェクトとカウンタには制限があります。
    4. 制限値に違反した状態がどれくらい続いたらイベントを送信するかを定義する期間を選択します。
    既存のポリシーのクローンを作成する場合は、ポリシーの新しい名前を入力する必要があります。
  4. [保存]をクリックしてポリシーを保存します。
    [設定 / パフォーマンスしきい値]ページに戻ります。しきい値ポリシーが作成されたことを示すメッセージがページの上部に表示されます。新しいポリシーをストレージ オブジェクトにすぐに適用できるように、該当するオブジェクト タイプのインベントリ ページへのリンクも表示されます。

終了後の操作

新しいしきい値ポリシーをストレージ オブジェクトにすぐに適用する場合は、[今すぐ object_type に移動]リンクをクリックしてインベントリ ページに移動します。