HTTPSセキュリティ証明書の生成

別の認証局の署名を使用する場合や現在のセキュリティ証明書の期限が切れた場合など、さまざまな理由で新しいHTTPSセキュリティ証明書を生成することがあります。新しい証明書を生成すると既存の証明書が置き換えられます。

開始する前に

OnCommand管理者のロールが必要です。

タスク概要

Unified Manager Web UIにアクセスできない場合は、メンテナンス コンソールを使用して同じ値でHTTPS証明書を再生成できます。

手順

  1. ツールバーでをクリックし、[セットアップ]メニューの[HTTPS 証明書]をクリックします。
  2. [HTTPS 証明書の再生成]をクリックします。
    [HTTPS 証明書の再生成]ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. 証明書を生成する方法に応じて、次のいずれかを実行します。
    目的 操作
    現在の値で証明書を再生成する [現在の証明書属性を使用して再生成]オプションをクリックします。
    別の値で証明書を生成する

    [現在の証明書属性を更新]オプションをクリックします。

    [共通名]フィールドと[別名]フィールドについては、新しい値を入力しなければ既存の証明書の値が使用されます。それ以外のフィールドの値は必須ではありませんが、証明書に表示する場合は[市町村][都道府県][国]などの値を入力できます。

    注:証明書の[別名]フィールドにローカルの識別情報を含めない場合は、[ローカルの識別情報を除外する(ローカルホストなど)]チェックボックスを選択します。このチェックボックスを選択すると、このフィールドで入力した情報だけが[別名]フィールドで使用されます。このフィールドを空白にした場合は、[別名]フィールドを含めずに証明書が生成されます。
  4. [はい]をクリックして証明書を再生成します。
  5. 新しい証明書を有効にするためにUnified Managerサーバを再起動します。

終了後の操作

HTTPS証明書を表示して新しい証明書の情報を確認します。