認証サーバの追加

認証サーバを追加して管理サーバでリモート認証を有効にすると、その認証サーバのリモート ユーザがUnified Managerにアクセスできるようになります。

開始する前に

タスク概要

追加する認証サーバがハイアベイラビリティ(HA)ペアを構成している(同じデータベースを使用している)場合は、パートナーの認証サーバも追加できます。これにより、どちらかの認証サーバが到達不能になったときに、管理サーバはパートナーと通信できます。

手順

  1. ツールバーでをクリックし、左側の[セットアップ]メニューで[認証]をクリックします。
  2. [セットアップ/認証]ページで、[管理サーバ] > [認証]をクリックします。
  3. 必須: [セキュアな接続を使用する]認証オプションを有効または無効にします。
    状況 操作
    有効にする
    1. [リモート認証を有効化]チェックボックスで、[セキュアな接続を使用する]オプションをオンにします。
    2. [認証サーバ]領域で、[追加]をクリックします。
    3. [認証サーバの追加]ダイアログ ボックスで、認証サーバの名前またはIPアドレス(IPv4またはIPv6)を入力します。
    4. [ホストの承認]ダイアログ ボックスで、[証明書を表示する]をクリックします。
    5. [証明書を表示する]ダイアログ ボックスで、証明書の情報を確認し、[閉じる]をクリックします。
    6. [ホストの承認]ダイアログ ボックスで、[はい]をクリックします。
    注:[セキュアな接続を使用する]認証オプションを有効にすると、Unified Managerは認証サーバと通信して証明書を表示します。Unified Managerでは、セキュアな通信にはポート636、セキュアでない通信にはポート389がデフォルトのポートとして使用されます。
    無効にする
    1. [リモート認証を有効化]チェックボックスで、[セキュアな接続を使用する]オプションをオフにします。
    2. [認証サーバ]領域で、[追加]をクリックします。
    3. [認証サーバの追加]ダイアログ ボックスで、サーバのホスト名またはIPアドレス(IPv4またはIPv6)を指定し、ポートの詳細を指定します。
    4. [追加]をクリックします。
    追加した認証サーバが[サーバ]領域に表示されます。
  4. 認証テストを実行し、追加した認証サーバのユーザを認証できることを確認します。