Unified Manager Web UIの初期セットアップの実行

Unified Managerを使用するには、NTPサーバ、メンテナンス ユーザのEメール アドレス、SMTPサーバのホスト名とオプションなどを最初に設定する必要があります。定期的なAutoSupportの実行も有効にすることを推奨します。

開始する前に

次の作業を完了しておきます。

タスク概要

[OnCommand Unified Manager初期セットアップ]ページは、Web UIへの初回アクセス時にのみ表示されます。次のページはVMware環境の場合の例を示したものです。

これらのオプションをあとで変更する場合は、Unified Managerツールバーのをクリックして[管理]オプションを使用します。

手順

  1. [OnCommand Unified Manager初期セットアップ]ウィンドウで、メンテナンス ユーザのEメール アドレス、SMTPサーバのホスト名とその他のSMTPオプション、およびNTPサーバ(VMwareの場合のみ)を入力します。[次]をクリックします。
  2. [はい]を選択してAutoSupport機能を有効にし、[次]をクリックします。
    AutoSupportは、有効にすることを推奨しますが必須ではありません。初期セットアップでAutoSupportを有効にしなかった場合、あとで[管理]オプションを使用して有効にできます。
  3. Red HatおよびCentOSのシステムの場合、umadminユーザのパスワードをデフォルトの「admin」から独自のパスワードに変更できます。

タスクの結果

初期セットアップのウィンドウが閉じ、Unified Manager Web UIが表示されます。[設定/クラスタ データ ソース]ページが表示され、システムにクラスタを追加することができます。