リリース ノート
  『リリース ノート』へのリンク
  『リリース ノート』へのリンク
インストールと設定
  VMware vSphereへのUnified Managerのインストール
    Active IQ Unified Managerの概要
      Unified Managerサーバの機能
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
      インストール手順の概要
    Unified Managerをインストールするための要件
      仮想インフラおよびハードウェア システムの要件
      VMwareソフトウェアとインストールの要件
      サポートされるブラウザ
      プロトコルとポートの要件
      ワークシートへの記入
    Unified Managerソフトウェアのインストール、アップグレード、アンインストール
      導入プロセスの概要
      Unified Managerの導入
        Unified ManagerのOVAファイルのダウンロード
        Unified Manager仮想アプライアンスの導入
      Unified Managerのアップグレード
        Unified ManagerのISOイメージのダウンロード
        Unified Manager仮想アプライアンスのアップグレード
      Unified Manager仮想マシンの再起動
      Unified Managerのアンインストール
  Red HatおよびCentOS LinuxへのUnified Managerのインストール
    Active IQ Unified Managerの概要
      Unified Managerサーバの機能
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
      インストール手順の概要
    Unified Managerをインストールするための要件
      仮想インフラおよびハードウェア システムの要件
      Linuxソフトウェアとインストールの要件
      サポートされるブラウザ
      プロトコルとポートの要件
      ワークシートへの記入
    Unified Managerソフトウェアのインストール、アップグレード、アンインストール
      インストール プロセスの概要
      必要なソフトウェア リポジトリのセットアップ
        EPELリポジトリの手動設定
        MySQLリポジトリの手動設定
      SELinuxでNFS共有またはCIFS共有に/opt/netappまたは/opt/netapp/dataをマウントする場合の要件
      Unified Managerのインストール
        カスタム ユーザのホーム ディレクトリとumadminのパスワードの作成
        Unified Managerのダウンロード
        Unified Managerのインストール
        Unified Managerのインストール時に作成されるユーザ
        JBossパスワードの変更
      ハイアベイラビリティ構成でのUnified Managerのセットアップ
        VCSでのUnified Managerの要件
        VCSへのUnified Managerのインストール
        設定スクリプトを使用したVCSでのUnified Managerの設定
        VCS構成用のUnified Managerのサービス リソース
        既存のUnified Managerセットアップのハイアベイラビリティ構成への更新
      Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOSでのUnified Managerのアップグレード
        Unified Managerのアップグレード
        Red Hat Enterprise Linux 6.xから7.xへのホストOSのアップグレード
      サードパーティ製品のアップグレード
        LinuxでのJREのアップグレード
        LinuxでのMySQLのアップグレード
      Unified Managerの再起動
      Unified Managerのアンインストール
      カスタムのumadminユーザとmaintenanceグループの削除
  Microsoft WindowsへのUnified Managerのインストール
    Active IQ Unified Managerの概要
      Unified Managerサーバの機能
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
      インストール手順の概要
    Unified Managerをインストールするための要件
      仮想インフラおよびハードウェア システムの要件
      Windowsソフトウェアとインストールの要件
      サポートされるブラウザ
      プロトコルとポートの要件
      ワークシートへの記入
    Unified Managerソフトウェアのインストール、アップグレード、アンインストール
      インストール プロセスの概要
      WindowsへのUnified Managerのインストール
        Unified Managerのインストール
        Unified Managerの無人インストールの実行
      フェイルオーバー クラスタリング環境でのUnified Managerのセットアップ
        フェイルオーバー クラスタリング環境でのUnified Managerの要件
        MSCSへのUnified Managerのインストール
        設定スクリプトを使用したMSCSでのUnified Managerサーバの設定
      JBossパスワードの変更
      Unified Managerのアップグレード
      サードパーティ製品のアップグレード
        JREのアップグレード
        MySQLのアップグレード
      Unified Managerの再起動
      Unified Managerのアンインストール
  Unified Managerの設定
    Active IQ Unified Managerの設定
      設定手順の概要
      Unified Manager Web UIへのアクセス
      Unified Manager Web UIの初期セットアップの実行
      クラスタの追加
      Unified Managerでアラート通知を送信するための設定
        イベント通知の設定
        リモート認証の有効化
        リモート認証でのネストされたグループの無効化
        認証サーバの追加
        認証サーバの設定のテスト
        ユーザの追加
        アラートの追加
      Unified Managerに自動的に追加されるEMSイベント
      ONTAP EMSイベントへの登録
      SAML認証の設定の管理
        アイデンティティ プロバイダの要件
        SAML認証の有効化
      データベース バックアップの設定
      ローカル ユーザのパスワードの変更
      Unified Managerのホスト名の変更
        Unified Manager仮想アプライアンスのホスト名の変更
          HTTPSセキュリティ証明書の生成
          Unified Manager仮想マシンの再起動
        LinuxシステムでのUnified Managerホスト名の変更
    メンテナンス コンソールの使用
      メンテナンス コンソールで提供される機能
      メンテナンス ユーザの役割
      診断ユーザの権限
      メンテナンス コンソールへのアクセス
      vSphere VMコンソールを使用したメンテナンス コンソールへのアクセス
      メンテナンス コンソールのメニュー
        [Network Configuration]メニュー
        [System Configuration]メニュー
        [Support and Diagnostics]メニュー
        その他のメニュー オプション
      Windowsでのメンテナンス ユーザのパスワードの変更
      Linuxシステムでのumadminパスワードの変更
      Unified ManagerがHTTPおよびHTTPSプロトコルに使用するポートの変更
      ネットワーク インターフェイスの追加
      Unified Managerデータベース ディレクトリへのディスク スペースの追加
        Linuxホストのデータ ディレクトリへのスペースの追加
        VMware仮想マシンのデータ ディスクへのスペースの追加
        Microsoft Windowsサーバの論理ドライブへのスペースの追加
  VMware vSphereへのUnified Managerのインストール
    Active IQ Unified Managerの概要
      Unified Managerサーバの機能
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
      インストール手順の概要
    Unified Managerをインストールするための要件
      仮想インフラおよびハードウェア システムの要件
      VMwareソフトウェアとインストールの要件
      サポートされるブラウザ
      プロトコルとポートの要件
      ワークシートへの記入
    Unified Managerソフトウェアのインストール、アップグレード、アンインストール
      導入プロセスの概要
      Unified Managerの導入
        Unified ManagerのOVAファイルのダウンロード
        Unified Manager仮想アプライアンスの導入
      Unified Managerのアップグレード
        Unified ManagerのISOイメージのダウンロード
        Unified Manager仮想アプライアンスのアップグレード
      Unified Manager仮想マシンの再起動
      Unified Managerのアンインストール
  Red HatおよびCentOS LinuxへのUnified Managerのインストール
    Active IQ Unified Managerの概要
      Unified Managerサーバの機能
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
      インストール手順の概要
    Unified Managerをインストールするための要件
      仮想インフラおよびハードウェア システムの要件
      Linuxソフトウェアとインストールの要件
      サポートされるブラウザ
      プロトコルとポートの要件
      ワークシートへの記入
    Unified Managerソフトウェアのインストール、アップグレード、アンインストール
      インストール プロセスの概要
      必要なソフトウェア リポジトリのセットアップ
        EPELリポジトリの手動設定
        MySQLリポジトリの手動設定
      SELinuxでNFS共有またはCIFS共有に/opt/netappまたは/opt/netapp/dataをマウントする場合の要件
      Unified Managerのインストール
        カスタム ユーザのホーム ディレクトリとumadminのパスワードの作成
        Unified Managerのダウンロード
        Unified Managerのインストール
        Unified Managerのインストール時に作成されるユーザ
        JBossパスワードの変更
      ハイアベイラビリティ構成でのUnified Managerのセットアップ
        VCSでのUnified Managerの要件
        VCSへのUnified Managerのインストール
        設定スクリプトを使用したVCSでのUnified Managerの設定
        VCS構成用のUnified Managerのサービス リソース
        既存のUnified Managerセットアップのハイアベイラビリティ構成への更新
      Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOSでのUnified Managerのアップグレード
        Unified Managerのアップグレード
        Red Hat Enterprise Linux 6.xから7.xへのホストOSのアップグレード
      サードパーティ製品のアップグレード
        LinuxでのJREのアップグレード
        LinuxでのMySQLのアップグレード
      Unified Managerの再起動
      Unified Managerのアンインストール
      カスタムのumadminユーザとmaintenanceグループの削除
  Microsoft WindowsへのUnified Managerのインストール
    Active IQ Unified Managerの概要
      Unified Managerサーバの機能
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
      インストール手順の概要
    Unified Managerをインストールするための要件
      仮想インフラおよびハードウェア システムの要件
      Windowsソフトウェアとインストールの要件
      サポートされるブラウザ
      プロトコルとポートの要件
      ワークシートへの記入
    Unified Managerソフトウェアのインストール、アップグレード、アンインストール
      インストール プロセスの概要
      WindowsへのUnified Managerのインストール
        Unified Managerのインストール
        Unified Managerの無人インストールの実行
      フェイルオーバー クラスタリング環境でのUnified Managerのセットアップ
        フェイルオーバー クラスタリング環境でのUnified Managerの要件
        MSCSへのUnified Managerのインストール
        設定スクリプトを使用したMSCSでのUnified Managerサーバの設定
      JBossパスワードの変更
      Unified Managerのアップグレード
      サードパーティ製品のアップグレード
        JREのアップグレード
        MySQLのアップグレード
      Unified Managerの再起動
      Unified Managerのアンインストール
  Unified Managerの設定
    Active IQ Unified Managerの設定
      設定手順の概要
      Unified Manager Web UIへのアクセス
      Unified Manager Web UIの初期セットアップの実行
      クラスタの追加
      Unified Managerでアラート通知を送信するための設定
        イベント通知の設定
        リモート認証の有効化
        リモート認証でのネストされたグループの無効化
        認証サーバの追加
        認証サーバの設定のテスト
        ユーザの追加
        アラートの追加
      Unified Managerに自動的に追加されるEMSイベント
      ONTAP EMSイベントへの登録
      SAML認証の設定の管理
        アイデンティティ プロバイダの要件
        SAML認証の有効化
      データベース バックアップの設定
      ローカル ユーザのパスワードの変更
      Unified Managerのホスト名の変更
        Unified Manager仮想アプライアンスのホスト名の変更
          HTTPSセキュリティ証明書の生成
          Unified Manager仮想マシンの再起動
        LinuxシステムでのUnified Managerホスト名の変更
    メンテナンス コンソールの使用
      メンテナンス コンソールで提供される機能
      メンテナンス ユーザの役割
      診断ユーザの権限
      メンテナンス コンソールへのアクセス
      vSphere VMコンソールを使用したメンテナンス コンソールへのアクセス
      メンテナンス コンソールのメニュー
        [Network Configuration]メニュー
        [System Configuration]メニュー
        [Support and Diagnostics]メニュー
        その他のメニュー オプション
      Windowsでのメンテナンス ユーザのパスワードの変更
      Linuxシステムでのumadminパスワードの変更
      Unified ManagerがHTTPおよびHTTPSプロトコルに使用するポートの変更
      ネットワーク インターフェイスの追加
      Unified Managerデータベース ディレクトリへのディスク スペースの追加
        Linuxホストのデータ ディレクトリへのスペースの追加
        VMware仮想マシンのデータ ディスクへのスペースの追加
        Microsoft Windowsサーバの論理ドライブへのスペースの追加
ストレージの監視とレポート
  クラスタの健全性管理のワークフロー
    Active IQ Unified Managerの健全性監視の概要
      Unified Managerの健全性監視機能
      ストレージ システムの健全性を管理するために使用されるUnified Managerのインターフェイス
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
    Unified Managerの一般的な健全性関連のワークフローとタスク
      データの可用性の監視とトラブルシューティング
        フラッシュ カードのオフライン状態の解決
          フラッシュ カードがオフラインになった場合の対処策の実施
        ストレージ フェイルオーバー インターコネクト リンクの停止状態のスキャンと解決
          ストレージ フェイルオーバー インターコネクト リンクが停止した場合の対処策の実施
        ボリュームのオフライン状態の問題の解決
          ボリュームがオフライン状態になった場合の診断処置の実施
            ボリュームのオフライン状態の原因がホスト ノードの停止であるかどうかの判別
            ボリュームのオフライン状態とそのSVMの停止の原因がノードの停止であるかどうかの判別
            ボリュームのオフライン状態の原因がアグリゲート内の破損ディスクであるかどうかの判別
      容量の問題の解決
        ボリュームがフルになった場合の推奨修正策の実施
      保護関係の作成、監視、およびトラブルシューティング
        SnapMirror保護の種類
        Unified Managerでの保護関係のセットアップ
          Workflow AutomationとUnified Managerの間の接続の設定
          Workflow AutomationでのUnified Managerデータ ソースのキャッシングの確認
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでのSnapMirror保護関係の作成
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでのSnapVault保護関係の作成
          転送効率を最大化するためのSnapVaultポリシーの作成
          転送効率を最大化するためのSnapMirrorポリシーの作成
          SnapMirrorスケジュールとSnapVaultスケジュールの作成
        保護関係のフェイルオーバーとフェイルバックの実行
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでのSnapMirror関係の解除
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでの保護関係の反転
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでの保護関係の削除
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでの保護関係の再同期
        保護ジョブの失敗の解決
          保護ジョブが失敗した場合の問題の特定と対処策の実施
        遅延の問題の解決
      Snapshotコピーからのデータのリストア
        [健全性 / ボリュームの詳細]ページを使用したデータのリストア
        [健全性 / すべてのボリューム]ビューを使用したデータのリストア
      健全性しきい値の管理
        ストレージ容量の健全性しきい値とは
        グローバル健全性しきい値の設定
          アグリゲートのグローバル健全性しきい値の設定
          ボリュームのグローバル健全性しきい値の設定
          qtreeのグローバル健全性しきい値の設定
          管理対象外の保護関係の遅延しきい値の設定
        個々のアグリゲートの健全性しきい値の設定の編集
        個々のボリュームの健全性しきい値の設定の編集
        個々のqtreeの健全性しきい値の設定の編集
      スクリプトの管理
        スクリプトとアラートが連携する仕組み
        スクリプトの追加
        スクリプトの削除
        スクリプトの実行テスト
      グループの管理と監視
        グループの概要
          グループとは
          グループでのグループ ルールの仕組み
          ストレージ オブジェクトでのグループ アクションの仕組み
        グループの追加
        グループの編集
        グループの削除
        グループ ルールの追加
        グループ ルールの編集
        グループ ルールの削除
        グループ アクションの追加
        グループ アクションの編集
        グループに対するボリューム健全性しきい値の設定
        グループ アクションの削除
        グループ アクションの順序変更
      アノテーションを使用したストレージ オブジェクト イベントの優先順位の設定
        アノテーションに関する詳細情報
          アノテーションとは
          Unified Managerでのアノテーション ルールの仕組み
          事前定義されたアノテーションの値の説明
        アノテーションの動的な追加
        アノテーションへの値の追加
        アノテーションの削除
        アノテーション リストおよび詳細の表示
        アノテーションからの値の削除
        アノテーション ルールの作成
        個々のストレージ オブジェクトへの手動でのアノテーションの追加
        アノテーション ルールの編集
        アノテーション ルールの条件の設定
        アノテーション ルールの削除
        アノテーション ルールの順序変更
      バックアップとリストア処理の設定
        データベース バックアップとは
        データベース バックアップの設定
        データベース リストアとは
        仮想アプライアンスのバックアップとリストアのプロセスの概要
        仮想マシンでのデータベース バックアップのリストア
        Linuxシステムでのデータベース バックアップのリストア
        Windowsでのデータベース バックアップのリストア
        LinuxシステムへのUnified Manager仮想アプライアンスの移行
      Unified Managerのメンテナンス時間とは
        メンテナンス時間のスケジュールによるクラスタ イベント通知の無効化
        スケジュールされたメンテナンス時間の変更とキャンセル
        メンテナンス時間中に発生したイベントの表示
      SAML認証の設定の管理
        アイデンティティ プロバイダの要件
        SAML認証の有効化
        SAML認証に使用するアイデンティティ プロバイダの変更
        Unified Managerセキュリティ証明書変更後のSAML認証設定の更新
        SAML認証の無効化
        メンテナンス コンソールからのSAML認証の無効化
      [お気に入り]オプションを使用したストレージ オブジェクトの管理
        お気に入りリストへのストレージ オブジェクトの追加と削除
        [クラスタ - お気に入り]カード
        [アグリゲート - お気に入り]カード
        [ボリューム - お気に入り]カード
      Unified Manager REST APIの使用
        Swagger API WebページからREST APIへのアクセス
        使用可能なREST APIの一覧
      ストレージ クラスを含まないInfinite Volumeを備えたSVMのセットアップと監視
        Infinite Volumeのしきい値設定の編集
      ストレージ クラスとデータ ポリシーを含むInfinite Volumeの管理
        ストレージ クラスのしきい値設定の編集
        アラートの追加
        ルールの作成
          テンプレートを使用したルールの作成
          カスタム ルールの作成
        データ ポリシー設定のエクスポート
      テクニカル サポートへのUnified Managerサポート バンドルの送信
        メンテナンス コンソールへのアクセス
        サポート バンドルの生成
        Windowsクライアントを使用したサポート バンドルの取得
        UNIXまたはLinuxクライアントを使用したサポート バンドルの取得
        テクニカル サポートへのサポート バンドルの送信
      関連タスクと参照情報
        イベントに関するメモの追加と確認
        イベントの割り当て
        イベントの解決
        [イベントの詳細]ページ
          [イベント情報]セクションに表示される内容
          [システム診断]グラフに表示される内容
          [推奨される操作]セクションに表示される内容
        イベントの重大度タイプの説明
        イベントの影響レベルの説明
        イベントの影響範囲の説明
        アラートの追加
        [健全性 / ボリュームの詳細]ページ
        [健全性/Storage Virtual Machineの詳細]ページ
        [健全性 / クラスタの詳細]ページ
        [健全性 / アグリゲートの詳細]ページ
        [保護 / ジョブの詳細]ページ
        ユーザの追加
        Creating a database user
        Unified Managerでのユーザ ロールの定義
        ユーザ タイプの定義
        Unified Managerのロールと機能
        Unified ManagerのCLIコマンド
  クラスタのパフォーマンス管理のワークフロー
    Active IQ Unified Managerによるパフォーマンス監視の概要
      Unified Managerのパフォーマンス監視機能
      ストレージ システムのパフォーマンスを管理するために使用されるUnified Managerインターフェイス
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
      クラスタの構成とパフォーマンスのデータの収集アクティビティ
      データの継続性収集サイクルとは
      収集されたデータとイベントのタイムスタンプの意味
    Unified ManagerのGUIで実行するパフォーマンス ワークフロー
      UIへのログイン
      グラフィカル インターフェイスと操作手順
        クラスタ オブジェクト監視時の操作
        クラスタ パフォーマンス監視時の画面操作
        イベント調査時の画面操作
        Unified Managerの管理操作
      ストレージ オブジェクトの検索
      インベントリ ページの内容のフィルタリング
      Unified ManagerのインターフェイスからのONTAP System Managerへのアクセス
      お気に入りリストへのストレージ オブジェクトの追加と削除
      頻繁に表示する製品ページのブックマーク登録
      よく見るヘルプ トピックのブックマーク登録
    パフォーマンス イベントとアラートの概要
      パフォーマンス イベントのソース
      パフォーマンス イベントの重大度タイプ
      Unified Managerで検出される構成の変更
      イベント受信時の動作
      アラートEメールに含まれる情報
      アラートの追加
      パフォーマンス イベントのアラートの追加
      システム定義のパフォーマンスしきい値ポリシーのタイプ
    ユーザ定義のパフォーマンスしきい値の管理
      ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーの仕組み
      パフォーマンスしきい値ポリシーを超えた場合の動作
      しきい値を使用して追跡可能なパフォーマンス カウンタ
      組み合わせしきい値ポリシーで使用可能なオブジェクトとカウンタ
      ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーの作成
      ストレージ オブジェクトへのパフォーマンスしきい値ポリシーの割り当て
      パフォーマンスしきい値ポリシーの表示
      ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーの編集
      ストレージ オブジェクトからのパフォーマンスしきい値ポリシーの削除
      パフォーマンスしきい値ポリシーが変更された場合の動作
      オブジェクトの移動によるパフォーマンスしきい値ポリシーへの影響
    パフォーマンス ダッシュボードからのクラスタ パフォーマンスの監視
      パフォーマンス ダッシュボードの概要
      パフォーマンス ダッシュボードに表示されるクラスタのバナー メッセージと説明
      パフォーマンス統計データの収集間隔の変更
    [パフォーマンス クラスタ ランディング]ページからのクラスタ パフォーマンスの監視
      [パフォーマンス クラスタ ランディング]ページの概要
      [パフォーマンス クラスタ ランディング]ページ
        [パフォーマンス クラスタ サマリ]ページ
          [クラスタ パフォーマンス イベント]ペイン
          [管理対象オブジェクト]ペイン
        [パフォーマンス上位]ページ
    [パフォーマンス インベントリ]ページを使用したパフォーマンスの監視
      [パフォーマンス オブジェクト インベントリ]ページを使用したオブジェクトの監視
      [パフォーマンス インベントリ]ページの内容の絞り込み
        [オブジェクト インベントリ パフォーマンス]ページでの検索
        [オブジェクト インベントリ パフォーマンス]ページでのソート
        [オブジェクト インベントリ パフォーマンス]ページでのデータのフィルタリング
      Unified Managerによるクラウドへのデータの階層化の推奨について
    [パフォーマンス エクスプローラ]ページを使用したパフォーマンスの監視
      ルート オブジェクトの概要
      フィルタによるグリッドの関連オブジェクトのリストの絞り込み
      関連オブジェクトの期間の指定
        事前定義の期間の選択
        カスタムの期間の指定
      比較グラフ用の関連オブジェクトのリストの定義
      カウンタ グラフの概要
      パフォーマンス カウンタ グラフのタイプ
      表示するパフォーマンス チャートの選択
      [カウンタ グラフ]ペインの拡大
      カウンタ グラフに表示する期間の絞り込み
      イベント タイムラインでのイベント詳細の表示
      カウンタ グラフ ズーム ビュー
        カウンタ グラフ ズーム ビューの表示
        ズーム ビューでの期間の指定
        カウンタ グラフ ズーム ビューでのパフォーマンスしきい値の選択
      クラスタ コンポーネント別のボリューム レイテンシの表示
      プロトコル別のSVMのIOPSトラフィックの表示
      ボリュームおよびLUNのレイテンシ グラフでのパフォーマンス保証の確認
      ローカル ノード上にのみ存在するワークロードに基づくノードIOPSの表示
      [オブジェクト ランディング]ページの構成要素
        [サマリ]ページ
        [パフォーマンス エクスプローラ]ページの構成要素
    QoSポリシー グループ情報を使用したパフォーマンスの管理
      ストレージQoSがワークロード スループットを制御する仕組み
      すべてのクラスタで使用可能なすべてのQoSポリシー グループの表示
      同じQoSポリシー グループ内のボリュームまたはLUNの表示
      特定のボリュームまたはLUNに適用されたQoSポリシー グループ設定の表示
      パフォーマンス グラフを使用した同じQoSポリシー グループ内のボリュームまたはLUNの比較
      [パフォーマンス エクスプローラ]ページでのタイプの異なるQoSポリシーの表示方法
      [パフォーマンス エクスプローラ]におけるワークロードのQoSの下限と上限の設定の表示
    パフォーマンス容量と使用可能なIOPSの情報を使用したパフォーマンスの管理
      使用済みパフォーマンス容量とは
      使用済みパフォーマンス容量の値の意味
      使用可能なIOPSとは
      ノードとアグリゲートの使用済みパフォーマンス容量の値の表示
      ノードとアグリゲートの使用可能なIOPSの値の表示
      問題を特定するためのパフォーマンス容量カウンタ グラフの表示
      使用済みパフォーマンス容量のパフォーマンスしきい値条件
      [使用済みパフォーマンス容量]カウンタを使用したパフォーマンスの管理
    [ノード フェイルオーバー プラン]ページの概要と使用方法
      [ノード フェイルオーバー プラン]ページを使用した対処策の決定
      [ノード フェイルオーバー プラン]ページの構成要素
      [ノード フェイルオーバー プラン]ページでのしきい値ポリシーの使用
      [使用済みパフォーマンス容量(内訳)]グラフを使用したフェイルオーバーの計画
    データの収集とワークロード パフォーマンスの監視
      Unified Managerで監視されるワークロードのタイプ
      ワークロードのパフォーマンスの測定値
      パフォーマンスの想定範囲とは
      想定範囲がパフォーマンス分析で使用される仕組み
      Unified Managerがワークロードのレイテンシを使用してパフォーマンスの問題を特定する仕組み
      クラスタでの処理によるワークロードのレイテンシへの影響
      MetroCluster構成のパフォーマンス監視
        スイッチオーバーおよびスイッチバックの発生時のボリュームの動作
      パフォーマンス イベントとは
        パフォーマンス イベントの分析と通知
        Unified Managerがイベントによるパフォーマンスへの影響を判定する仕組み
        クラスタ コンポーネントとその競合要因
        パフォーマンス イベントに関連したワークロードの役割
    ワークロードのパフォーマンスの分析
      ワークロードでパフォーマンスの問題が発生しているかどうかの判断
      ワークロードの応答時間低下の調査
      クラスタ コンポーネントでのI/O応答時間の傾向の特定
      ボリュームの移動によるパフォーマンス向上の分析
        FlexVolの移動
      [パフォーマンス / ボリュームの詳細] ページ
        データ内訳チャートに表示されるパフォーマンス統計
        パフォーマンス データのグラフの仕組み
    パフォーマンス イベントの分析
      パフォーマンス イベントに関する情報の表示
      ユーザ定義のパフォーマンスしきい値で生成されたイベントの分析
        ユーザ定義のパフォーマンスしきい値イベントへの対処
      システム定義のパフォーマンスしきい値で生成されたイベントの分析
        システム定義のパフォーマンスしきい値のイベントへの対処
        QoSポリシー グループ パフォーマンス イベントへの対処
        ブロック サイズの定義を含むアダプティブQoSポリシーによるイベントの概要
        ノード リソース過剰使用パフォーマンス イベントへの対処
      動的なパフォーマンスしきい値で生成されたイベントの分析
        動的なパフォーマンス イベントに関連したVictimワークロードの特定
        動的なパフォーマンス イベントに関連したBullyワークロードの特定
        動的なパフォーマンス イベントに関連したSharkワークロードの特定
        MetroCluster構成のパフォーマンス イベント分析
          MetroCluster構成のクラスタの動的なパフォーマンス イベントの分析
          MetroCluster構成のリモート クラスタの動的なパフォーマンス イベントの分析
        QoSポリシー グループの調整が原因の動的なパフォーマンス イベントへの対処
        ディスク障害が原因の動的なパフォーマンス イベントへの対処
        HAテイクオーバーが原因の動的なパフォーマンス イベントへの対処
    Unified Managerサーバと外部データ プロバイダ間の接続の設定
      外部サーバに送信可能なパフォーマンス データ
      Unified Managerからパフォーマンス データを受信するためのGraphiteの設定
      Unified Managerサーバから外部データ プロバイダへの接続の設定
  カスタム レポートの生成
    Unified Managerのレポート機能
      レポートを生成するためのアクセス ポイント
        カスタム レポートを作成するためのUnified Managerデータベースへのアクセス
        レポート作成に使用できるUnified Manager REST API
      レポートの概要
      ビューとレポートの関係の概要
      レポートの種類
      レポート機能の制限事項
    レポートの操作
      レポート ワークフロー
      レポートのクイック スタート
      スケジュール済みレポートの検索
      レポートのカスタマイズ
        列のカスタマイズ
        データのフィルタリング
        データのソート
        検索を使用したビューの絞り込み
      レポートのダウンロード
    レポートのスケジュール設定
      レポートのスケジュール設定
        インポートした.rptdesignレポートのスケジュール設定
      レポート スケジュールの管理
        スケジュール済みレポートの編集
        スケジュール済みレポートの削除
    サンプルのカスタム レポート
      クラスタ ストレージ レポートのカスタマイズ
        容量をクラスタ モデル別に表示するレポートの作成
        未割り当てのLUN容量が最も多いクラスタを特定するレポートの作成
        使用可能な容量が最も多いHAペアを表示するレポートの作成
        古いバージョンのONTAPを実行しているノードを表示するレポートの作成
      アグリゲート容量レポートのカスタマイズ
        容量がフルに近づいているアグリゲートを表示するレポートの作成
        80%以上フルのアグリゲートを表示するレポートの作成
        オーバーコミットされたアグリゲートを表示するレポートの作成
      ボリューム容量レポートのカスタマイズ
        Snapshotの自動削除がオフで容量がフルに近づいているボリュームを特定するレポートの作成
        シンプロビジョニングが無効なボリュームが使用しているスペースを確認するレポートの作成
        クラウド階層へのデータの移動が必要なFabricPoolアグリゲート上のボリュームを特定するレポートの作成
      qtree容量レポートのカスタマイズ
        ほぼフルのqtreeを表示するレポートの作成
      NFSエクスポート レポートのカスタマイズ
        ジャンクション パスにアクセスできないボリュームを表示するレポートの作成
        デフォルトのエクスポート ポリシーを使用しているボリュームを表示するレポートの作成
      SVMレポートのカスタマイズ
        ボリューム数が上限に達しているSVMを表示するレポートの作成
        停止しているSVMを表示するレポートの作成
      ボリューム関係レポートのカスタマイズ
        ボリューム関係を障害の原因別にグループ化するレポートの作成
        ボリューム関係を問題別にグループ化するレポートの作成
        特定の期間のボリューム転送の傾向を表示するレポートの作成
        失敗または成功したボリューム転送を表示するレポートの作成
        ボリューム転送を転送サイズに基づいて表示するレポートの作成
        ボリューム転送を日付別に表示するレポートの作成
      ボリューム パフォーマンス レポートのカスタマイズ
        FabricPool対応でないアグリゲート上の大量のコールド データを含むボリュームを表示するレポートの作成
  クラスタの健全性管理のワークフロー
    Active IQ Unified Managerの健全性監視の概要
      Unified Managerの健全性監視機能
      ストレージ システムの健全性を管理するために使用されるUnified Managerのインターフェイス
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
    Unified Managerの一般的な健全性関連のワークフローとタスク
      データの可用性の監視とトラブルシューティング
        フラッシュ カードのオフライン状態の解決
          フラッシュ カードがオフラインになった場合の対処策の実施
        ストレージ フェイルオーバー インターコネクト リンクの停止状態のスキャンと解決
          ストレージ フェイルオーバー インターコネクト リンクが停止した場合の対処策の実施
        ボリュームのオフライン状態の問題の解決
          ボリュームがオフライン状態になった場合の診断処置の実施
            ボリュームのオフライン状態の原因がホスト ノードの停止であるかどうかの判別
            ボリュームのオフライン状態とそのSVMの停止の原因がノードの停止であるかどうかの判別
            ボリュームのオフライン状態の原因がアグリゲート内の破損ディスクであるかどうかの判別
      容量の問題の解決
        ボリュームがフルになった場合の推奨修正策の実施
      保護関係の作成、監視、およびトラブルシューティング
        SnapMirror保護の種類
        Unified Managerでの保護関係のセットアップ
          Workflow AutomationとUnified Managerの間の接続の設定
          Workflow AutomationでのUnified Managerデータ ソースのキャッシングの確認
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでのSnapMirror保護関係の作成
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでのSnapVault保護関係の作成
          転送効率を最大化するためのSnapVaultポリシーの作成
          転送効率を最大化するためのSnapMirrorポリシーの作成
          SnapMirrorスケジュールとSnapVaultスケジュールの作成
        保護関係のフェイルオーバーとフェイルバックの実行
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでのSnapMirror関係の解除
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでの保護関係の反転
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでの保護関係の削除
          [健全性 / ボリュームの詳細]ページでの保護関係の再同期
        保護ジョブの失敗の解決
          保護ジョブが失敗した場合の問題の特定と対処策の実施
        遅延の問題の解決
      Snapshotコピーからのデータのリストア
        [健全性 / ボリュームの詳細]ページを使用したデータのリストア
        [健全性 / すべてのボリューム]ビューを使用したデータのリストア
      健全性しきい値の管理
        ストレージ容量の健全性しきい値とは
        グローバル健全性しきい値の設定
          アグリゲートのグローバル健全性しきい値の設定
          ボリュームのグローバル健全性しきい値の設定
          qtreeのグローバル健全性しきい値の設定
          管理対象外の保護関係の遅延しきい値の設定
        個々のアグリゲートの健全性しきい値の設定の編集
        個々のボリュームの健全性しきい値の設定の編集
        個々のqtreeの健全性しきい値の設定の編集
      スクリプトの管理
        スクリプトとアラートが連携する仕組み
        スクリプトの追加
        スクリプトの削除
        スクリプトの実行テスト
      グループの管理と監視
        グループの概要
          グループとは
          グループでのグループ ルールの仕組み
          ストレージ オブジェクトでのグループ アクションの仕組み
        グループの追加
        グループの編集
        グループの削除
        グループ ルールの追加
        グループ ルールの編集
        グループ ルールの削除
        グループ アクションの追加
        グループ アクションの編集
        グループに対するボリューム健全性しきい値の設定
        グループ アクションの削除
        グループ アクションの順序変更
      アノテーションを使用したストレージ オブジェクト イベントの優先順位の設定
        アノテーションに関する詳細情報
          アノテーションとは
          Unified Managerでのアノテーション ルールの仕組み
          事前定義されたアノテーションの値の説明
        アノテーションの動的な追加
        アノテーションへの値の追加
        アノテーションの削除
        アノテーション リストおよび詳細の表示
        アノテーションからの値の削除
        アノテーション ルールの作成
        個々のストレージ オブジェクトへの手動でのアノテーションの追加
        アノテーション ルールの編集
        アノテーション ルールの条件の設定
        アノテーション ルールの削除
        アノテーション ルールの順序変更
      バックアップとリストア処理の設定
        データベース バックアップとは
        データベース バックアップの設定
        データベース リストアとは
        仮想アプライアンスのバックアップとリストアのプロセスの概要
        仮想マシンでのデータベース バックアップのリストア
        Linuxシステムでのデータベース バックアップのリストア
        Windowsでのデータベース バックアップのリストア
        LinuxシステムへのUnified Manager仮想アプライアンスの移行
      Unified Managerのメンテナンス時間とは
        メンテナンス時間のスケジュールによるクラスタ イベント通知の無効化
        スケジュールされたメンテナンス時間の変更とキャンセル
        メンテナンス時間中に発生したイベントの表示
      SAML認証の設定の管理
        アイデンティティ プロバイダの要件
        SAML認証の有効化
        SAML認証に使用するアイデンティティ プロバイダの変更
        Unified Managerセキュリティ証明書変更後のSAML認証設定の更新
        SAML認証の無効化
        メンテナンス コンソールからのSAML認証の無効化
      [お気に入り]オプションを使用したストレージ オブジェクトの管理
        お気に入りリストへのストレージ オブジェクトの追加と削除
        [クラスタ - お気に入り]カード
        [アグリゲート - お気に入り]カード
        [ボリューム - お気に入り]カード
      Unified Manager REST APIの使用
        Swagger API WebページからREST APIへのアクセス
        使用可能なREST APIの一覧
      ストレージ クラスを含まないInfinite Volumeを備えたSVMのセットアップと監視
        Infinite Volumeのしきい値設定の編集
      ストレージ クラスとデータ ポリシーを含むInfinite Volumeの管理
        ストレージ クラスのしきい値設定の編集
        アラートの追加
        ルールの作成
          テンプレートを使用したルールの作成
          カスタム ルールの作成
        データ ポリシー設定のエクスポート
      テクニカル サポートへのUnified Managerサポート バンドルの送信
        メンテナンス コンソールへのアクセス
        サポート バンドルの生成
        Windowsクライアントを使用したサポート バンドルの取得
        UNIXまたはLinuxクライアントを使用したサポート バンドルの取得
        テクニカル サポートへのサポート バンドルの送信
      関連タスクと参照情報
        イベントに関するメモの追加と確認
        イベントの割り当て
        イベントの解決
        [イベントの詳細]ページ
          [イベント情報]セクションに表示される内容
          [システム診断]グラフに表示される内容
          [推奨される操作]セクションに表示される内容
        イベントの重大度タイプの説明
        イベントの影響レベルの説明
        イベントの影響範囲の説明
        アラートの追加
        [健全性 / ボリュームの詳細]ページ
        [健全性/Storage Virtual Machineの詳細]ページ
        [健全性 / クラスタの詳細]ページ
        [健全性 / アグリゲートの詳細]ページ
        [保護 / ジョブの詳細]ページ
        ユーザの追加
        Creating a database user
        Unified Managerでのユーザ ロールの定義
        ユーザ タイプの定義
        Unified Managerのロールと機能
        Unified ManagerのCLIコマンド
  クラスタのパフォーマンス管理のワークフロー
    Active IQ Unified Managerによるパフォーマンス監視の概要
      Unified Managerのパフォーマンス監視機能
      ストレージ システムのパフォーマンスを管理するために使用されるUnified Managerインターフェイス
      Active IQ Unified Managerの製品ドキュメント
      クラスタの構成とパフォーマンスのデータの収集アクティビティ
      データの継続性収集サイクルとは
      収集されたデータとイベントのタイムスタンプの意味
    Unified ManagerのGUIで実行するパフォーマンス ワークフロー
      UIへのログイン
      グラフィカル インターフェイスと操作手順
        クラスタ オブジェクト監視時の操作
        クラスタ パフォーマンス監視時の画面操作
        イベント調査時の画面操作
        Unified Managerの管理操作
      ストレージ オブジェクトの検索
      インベントリ ページの内容のフィルタリング
      Unified ManagerのインターフェイスからのONTAP System Managerへのアクセス
      お気に入りリストへのストレージ オブジェクトの追加と削除
      頻繁に表示する製品ページのブックマーク登録
      よく見るヘルプ トピックのブックマーク登録
    パフォーマンス イベントとアラートの概要
      パフォーマンス イベントのソース
      パフォーマンス イベントの重大度タイプ
      Unified Managerで検出される構成の変更
      イベント受信時の動作
      アラートEメールに含まれる情報
      アラートの追加
      パフォーマンス イベントのアラートの追加
      システム定義のパフォーマンスしきい値ポリシーのタイプ
    ユーザ定義のパフォーマンスしきい値の管理
      ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーの仕組み
      パフォーマンスしきい値ポリシーを超えた場合の動作
      しきい値を使用して追跡可能なパフォーマンス カウンタ
      組み合わせしきい値ポリシーで使用可能なオブジェクトとカウンタ
      ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーの作成
      ストレージ オブジェクトへのパフォーマンスしきい値ポリシーの割り当て
      パフォーマンスしきい値ポリシーの表示
      ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーの編集
      ストレージ オブジェクトからのパフォーマンスしきい値ポリシーの削除
      パフォーマンスしきい値ポリシーが変更された場合の動作
      オブジェクトの移動によるパフォーマンスしきい値ポリシーへの影響
    パフォーマンス ダッシュボードからのクラスタ パフォーマンスの監視
      パフォーマンス ダッシュボードの概要
      パフォーマンス ダッシュボードに表示されるクラスタのバナー メッセージと説明
      パフォーマンス統計データの収集間隔の変更
    [パフォーマンス クラスタ ランディング]ページからのクラスタ パフォーマンスの監視
      [パフォーマンス クラスタ ランディング]ページの概要
      [パフォーマンス クラスタ ランディング]ページ
        [パフォーマンス クラスタ サマリ]ページ
          [クラスタ パフォーマンス イベント]ペイン
          [管理対象オブジェクト]ペイン
        [パフォーマンス上位]ページ
    [パフォーマンス インベントリ]ページを使用したパフォーマンスの監視
      [パフォーマンス オブジェクト インベントリ]ページを使用したオブジェクトの監視
      [パフォーマンス インベントリ]ページの内容の絞り込み
        [オブジェクト インベントリ パフォーマンス]ページでの検索
        [オブジェクト インベントリ パフォーマンス]ページでのソート
        [オブジェクト インベントリ パフォーマンス]ページでのデータのフィルタリング
      Unified Managerによるクラウドへのデータの階層化の推奨について
    [パフォーマンス エクスプローラ]ページを使用したパフォーマンスの監視
      ルート オブジェクトの概要
      フィルタによるグリッドの関連オブジェクトのリストの絞り込み
      関連オブジェクトの期間の指定
        事前定義の期間の選択
        カスタムの期間の指定
      比較グラフ用の関連オブジェクトのリストの定義
      カウンタ グラフの概要
      パフォーマンス カウンタ グラフのタイプ
      表示するパフォーマンス チャートの選択
      [カウンタ グラフ]ペインの拡大
      カウンタ グラフに表示する期間の絞り込み
      イベント タイムラインでのイベント詳細の表示
      カウンタ グラフ ズーム ビュー
        カウンタ グラフ ズーム ビューの表示
        ズーム ビューでの期間の指定
        カウンタ グラフ ズーム ビューでのパフォーマンスしきい値の選択
      クラスタ コンポーネント別のボリューム レイテンシの表示
      プロトコル別のSVMのIOPSトラフィックの表示
      ボリュームおよびLUNのレイテンシ グラフでのパフォーマンス保証の確認
      ローカル ノード上にのみ存在するワークロードに基づくノードIOPSの表示
      [オブジェクト ランディング]ページの構成要素
        [サマリ]ページ
        [パフォーマンス エクスプローラ]ページの構成要素
    QoSポリシー グループ情報を使用したパフォーマンスの管理
      ストレージQoSがワークロード スループットを制御する仕組み
      すべてのクラスタで使用可能なすべてのQoSポリシー グループの表示
      同じQoSポリシー グループ内のボリュームまたはLUNの表示
      特定のボリュームまたはLUNに適用されたQoSポリシー グループ設定の表示
      パフォーマンス グラフを使用した同じQoSポリシー グループ内のボリュームまたはLUNの比較
      [パフォーマンス エクスプローラ]ページでのタイプの異なるQoSポリシーの表示方法
      [パフォーマンス エクスプローラ]におけるワークロードのQoSの下限と上限の設定の表示
    パフォーマンス容量と使用可能なIOPSの情報を使用したパフォーマンスの管理
      使用済みパフォーマンス容量とは
      使用済みパフォーマンス容量の値の意味
      使用可能なIOPSとは
      ノードとアグリゲートの使用済みパフォーマンス容量の値の表示
      ノードとアグリゲートの使用可能なIOPSの値の表示
      問題を特定するためのパフォーマンス容量カウンタ グラフの表示
      使用済みパフォーマンス容量のパフォーマンスしきい値条件
      [使用済みパフォーマンス容量]カウンタを使用したパフォーマンスの管理
    [ノード フェイルオーバー プラン]ページの概要と使用方法
      [ノード フェイルオーバー プラン]ページを使用した対処策の決定
      [ノード フェイルオーバー プラン]ページの構成要素
      [ノード フェイルオーバー プラン]ページでのしきい値ポリシーの使用
      [使用済みパフォーマンス容量(内訳)]グラフを使用したフェイルオーバーの計画
    データの収集とワークロード パフォーマンスの監視
      Unified Managerで監視されるワークロードのタイプ
      ワークロードのパフォーマンスの測定値
      パフォーマンスの想定範囲とは
      想定範囲がパフォーマンス分析で使用される仕組み
      Unified Managerがワークロードのレイテンシを使用してパフォーマンスの問題を特定する仕組み
      クラスタでの処理によるワークロードのレイテンシへの影響
      MetroCluster構成のパフォーマンス監視
        スイッチオーバーおよびスイッチバックの発生時のボリュームの動作
      パフォーマンス イベントとは
        パフォーマンス イベントの分析と通知
        Unified Managerがイベントによるパフォーマンスへの影響を判定する仕組み
        クラスタ コンポーネントとその競合要因
        パフォーマンス イベントに関連したワークロードの役割
    ワークロードのパフォーマンスの分析
      ワークロードでパフォーマンスの問題が発生しているかどうかの判断
      ワークロードの応答時間低下の調査
      クラスタ コンポーネントでのI/O応答時間の傾向の特定
      ボリュームの移動によるパフォーマンス向上の分析
        FlexVolの移動
      [パフォーマンス / ボリュームの詳細] ページ
        データ内訳チャートに表示されるパフォーマンス統計
        パフォーマンス データのグラフの仕組み
    パフォーマンス イベントの分析
      パフォーマンス イベントに関する情報の表示
      ユーザ定義のパフォーマンスしきい値で生成されたイベントの分析
        ユーザ定義のパフォーマンスしきい値イベントへの対処
      システム定義のパフォーマンスしきい値で生成されたイベントの分析
        システム定義のパフォーマンスしきい値のイベントへの対処
        QoSポリシー グループ パフォーマンス イベントへの対処
        ブロック サイズの定義を含むアダプティブQoSポリシーによるイベントの概要
        ノード リソース過剰使用パフォーマンス イベントへの対処
      動的なパフォーマンスしきい値で生成されたイベントの分析
        動的なパフォーマンス イベントに関連したVictimワークロードの特定
        動的なパフォーマンス イベントに関連したBullyワークロードの特定
        動的なパフォーマンス イベントに関連したSharkワークロードの特定
        MetroCluster構成のパフォーマンス イベント分析
          MetroCluster構成のクラスタの動的なパフォーマンス イベントの分析
          MetroCluster構成のリモート クラスタの動的なパフォーマンス イベントの分析
        QoSポリシー グループの調整が原因の動的なパフォーマンス イベントへの対処
        ディスク障害が原因の動的なパフォーマンス イベントへの対処
        HAテイクオーバーが原因の動的なパフォーマンス イベントへの対処
    Unified Managerサーバと外部データ プロバイダ間の接続の設定
      外部サーバに送信可能なパフォーマンス データ
      Unified Managerからパフォーマンス データを受信するためのGraphiteの設定
      Unified Managerサーバから外部データ プロバイダへの接続の設定
  カスタム レポートの生成
    Unified Managerのレポート機能
      レポートを生成するためのアクセス ポイント
        カスタム レポートを作成するためのUnified Managerデータベースへのアクセス
        レポート作成に使用できるUnified Manager REST API
      レポートの概要
      ビューとレポートの関係の概要
      レポートの種類
      レポート機能の制限事項
    レポートの操作
      レポート ワークフロー
      レポートのクイック スタート
      スケジュール済みレポートの検索
      レポートのカスタマイズ
        列のカスタマイズ
        データのフィルタリング
        データのソート
        検索を使用したビューの絞り込み
      レポートのダウンロード
    レポートのスケジュール設定
      レポートのスケジュール設定
        インポートした.rptdesignレポートのスケジュール設定
      レポート スケジュールの管理
        スケジュール済みレポートの編集
        スケジュール済みレポートの削除
    サンプルのカスタム レポート
      クラスタ ストレージ レポートのカスタマイズ
        容量をクラスタ モデル別に表示するレポートの作成
        未割り当てのLUN容量が最も多いクラスタを特定するレポートの作成
        使用可能な容量が最も多いHAペアを表示するレポートの作成
        古いバージョンのONTAPを実行しているノードを表示するレポートの作成
      アグリゲート容量レポートのカスタマイズ
        容量がフルに近づいているアグリゲートを表示するレポートの作成
        80%以上フルのアグリゲートを表示するレポートの作成
        オーバーコミットされたアグリゲートを表示するレポートの作成
      ボリューム容量レポートのカスタマイズ
        Snapshotの自動削除がオフで容量がフルに近づいているボリュームを特定するレポートの作成
        シンプロビジョニングが無効なボリュームが使用しているスペースを確認するレポートの作成
        クラウド階層へのデータの移動が必要なFabricPoolアグリゲート上のボリュームを特定するレポートの作成
      qtree容量レポートのカスタマイズ
        ほぼフルのqtreeを表示するレポートの作成
      NFSエクスポート レポートのカスタマイズ
        ジャンクション パスにアクセスできないボリュームを表示するレポートの作成
        デフォルトのエクスポート ポリシーを使用しているボリュームを表示するレポートの作成
      SVMレポートのカスタマイズ
        ボリューム数が上限に達しているSVMを表示するレポートの作成
        停止しているSVMを表示するレポートの作成
      ボリューム関係レポートのカスタマイズ
        ボリューム関係を障害の原因別にグループ化するレポートの作成
        ボリューム関係を問題別にグループ化するレポートの作成
        特定の期間のボリューム転送の傾向を表示するレポートの作成
        失敗または成功したボリューム転送を表示するレポートの作成
        ボリューム転送を転送サイズに基づいて表示するレポートの作成
        ボリューム転送を日付別に表示するレポートの作成
      ボリューム パフォーマンス レポートのカスタマイズ
        FabricPool対応でないアグリゲート上の大量のコールド データを含むボリュームを表示するレポートの作成
本ドキュメント センターの使用方法
  ツアー
  ヘルプ
    コンテンツの検索
    フィルタの適用
    コンテンツの印刷
    リンクの保存と共有
    フィードバック
    オフラインで使用するためのPDFまたはEPUBのダウンロード
  ヒント
    検索結果の絞り込み
    モバイル デバイス
    多言語環境
  ツアー
  ヘルプ
    コンテンツの検索
    フィルタの適用
    コンテンツの印刷
    リンクの保存と共有
    フィードバック
    オフラインで使用するためのPDFまたはEPUBのダウンロード
  ヒント
    検索結果の絞り込み
    モバイル デバイス
    多言語環境
免責事項
  著作権、商標、特許、プライバシー、機械翻訳に関する情報
    著作権に関する情報
    商標に関する情報
    特許に関する情報
    プライバシーに関する情報
    機械翻訳に関する情報
  Open source
    Unified Manager
  著作権、商標、特許、プライバシー、機械翻訳に関する情報
    著作権に関する情報
    商標に関する情報
    特許に関する情報
    プライバシーに関する情報
    機械翻訳に関する情報
  Open source
    Unified Manager