Linuxシステムでのデータベース バックアップのリストア

データ損失やデータ破損が発生した場合、Unified Managerを以前の安定した状態にリストアすることでデータ損失を最小限に抑えることができます。Unified Managerデータベースは、Unified Managerメンテナンス コンソールを使用してローカルとリモートのどちらのRed Hat Enterprise LinuxまたはCentOSシステムにもリストアできます。

開始する前に

タスク概要

リストア機能は、プラットフォームおよびバージョンに固有の機能です。Unified Managerのバックアップは、同じバージョンのUnified Managerにのみリストアできます。Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOSシステムにリストアできるのは、Linuxのバックアップ ファイルと仮想アプライアンスのバックアップ ファイルです。

ヒント:バックアップ フォルダの名前にスペースが含まれている場合は、絶対パスまたは相対パスを二重引用符で囲む必要があります。

手順

  1. 新しいサーバへのリストアを実行する場合は、Unified Managerのインストールの完了後に、UIを起動したり、クラスタ、ユーザ、または認証設定を設定したりしないでください。これらの情報は、リストア プロセスでバックアップ ファイルから取り込みます。
  2. Secure Shellを使用して、Unified ManagerシステムのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名に接続します。
  3. メンテナンス ユーザ(umadmin)の名前とパスワードでシステムにログインします。
  4. コマンドmaintenance_consoleを入力し、Enterキーを押します。
  5. メンテナンス コンソールの[Main Menu]で、[System Configuration]オプションの番号を入力します。
  6. [System Configuration Menu]で、[Restore from a Unified Manager Backup]オプションの番号を入力します。
  7. プロンプトが表示されたら、バックアップ ファイルの絶対パスを入力します。
    Bundle to restore from: /data/ocum-backup/UM_9.4.N151113.1348_backup_rhel_02-20-2018-04-45.7z
    リストア処理が完了したら、Unified Managerにログインできます。

終了後の操作

バックアップをリストアしたあとにOnCommand Workflow Automationサーバが動作しなくなった場合は、次の手順を実行します。
  1. Workflow Automationサーバで、Unified ManagerサーバのIPアドレスを最新のマシンを参照するように変更します。
  2. 手順1で取得に失敗した場合は、Unified Managerサーバでデータベース パスワードをリセットします。