ストレージ システムの健全性を管理するために使用されるUnified Managerのインターフェイス

このガイドでは、Active IQ Unified Managerでデータ ストレージの容量、可用性、保護に関する問題をトラブルシューティングするための2種類のユーザ インターフェイスについて説明します。2種類のUIとは、Unified Manager Web UIとメンテナンス コンソールです。

Unified Managerの保護機能を使用する場合は、OnCommand Workflow Automation(WFA)を併せてインストールし、設定する必要があります。

Unified Manager Web UI

Unified Manager Web UIでは、管理者がデータ ストレージの容量、可用性、保護に関連するクラスタの問題を監視してトラブルシューティングすることができます。

このガイドでは、管理者がUnified Manager Web UIに表示されるストレージ容量、データの可用性、または保護に関する問題をトラブルシューティングする際に従う共通のワークフローについて説明します。

メンテナンス コンソール

Unified Managerメンテナンス コンソールでは、管理者がUnified Managerサーバ自体に関連するオペレーティング システムの問題、バージョン アップグレードの問題、ユーザ アクセスの問題、およびネットワークの問題を監視し、診断し、対処することができます。Unified Manager Web UIを使用できない場合は、メンテナンス コンソールがUnified Managerにアクセスする唯一の手段となります。

このガイドでは、メンテナンス コンソールにアクセスしてUnified Managerサーバの機能に関連する問題を解決する方法について説明します。