ボリュームがフルになった場合の推奨修正策の実施

「ボリューム スペースがフル」エラー イベントが発生したら、[イベントの詳細]ページで推奨される修正策を確認し、そのいずれかを実施します。

開始する前に

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

Unified Managerを使用するこのワークフロー内のタスクは、どのロールのユーザでも実行できます。

タスク概要

この例では、Unified Manager[イベント管理]インベントリ ページに「ボリューム スペースがフル」イベントが表示されたので、そのイベント名をクリックしています。

ボリュームがフルになった場合に実施できる修正策には、次のものがあります。
  • ボリュームに対して自動拡張、重複排除、または圧縮を有効にする。
  • ボリュームをサイズ変更するか、移動する。
  • ボリュームのデータを削除するか、移動する。

いずれの修正策もONTAP System ManagerまたはONTAP CLIから実施する必要がありますが、実施する修正策を決めるために必要な情報はUnified Managerで確認できます。

手順

  1. [イベントの詳細]ページで、[ソース]フィールド内のボリューム名をクリックして、該当するボリュームに関する詳細情報を表示します
  2. [ボリューム / 健全性の詳細]ページ[設定]をクリックすると、ボリュームに対して重複排除と圧縮がすでに有効になっていることがわかります。
    ボリュームのサイズを変更することにします。
  3. [関連デバイス]ペインで、ホスト アグリゲートの名前をクリックして、アグリゲートがボリュームの拡大に対応できるかどうかを確認します。
  4. [アグリゲート / 健全性の詳細]ページで、フル ボリュームをホストしているアグリゲートにコミットされていない容量が十分にあることを確認できたので、ONTAP System Managerでボリュームのサイズを変更して容量を拡大します。