セキュリティ イベントのアラートの追加

セキュリティ イベントのアラートは、Unified Managerで受信する他のイベントと同様に、イベントごとに個別に設定することができます。または、すべてのセキュリティ イベントを同じように扱い、同じユーザにEメールを送信する場合は、セキュリティ イベントがトリガーされたときに通知する共通のアラートを作成することもできます。

開始する前に

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

次の例では、「Telnet プロトコルが有効」セキュリティ イベントに対してアラートを作成します。クラスタへのリモート管理アクセス用にTelnetアクセスが設定されると、アラートが送信されます。同じ手順で、すべてのセキュリティ イベントに対してアラートを作成できます。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[ストレージ管理] > [アラート セットアップ]をクリックします。
  2. [アラート セットアップ]ページで、[追加]をクリックします。
  3. [アラートの追加]ダイアログ ボックスで、[名前]をクリックし、アラートの名前と説明を入力します。
  4. [リソース]をクリックし、このアラートを有効にするクラスタを選択します。
  5. [イベント]をクリックし、次の操作を実行します。
    1. [イベントの重大度]リストで[警告]を選択します。
    2. [一致イベント]リストで「Telnet プロトコルが有効」を選択します。
  6. [操作]をクリックし、アラートEメールを受信するユーザの名前を[アラートを通知するユーザ]フィールドで選択します。
  7. 通知頻度、SNMPトラップの発行、スクリプトの実行など、このページの他のオプションを設定します。
  8. [保存]をクリックします。