仮想アプライアンスのバックアップとリストアのプロセスの概要

仮想アプライアンスにインストールされたUnified Managerのバックアップとリストアのモデルでは、仮想アプリケーション全体のイメージをキャプチャしてリストアします。

仮想アプライアンスでのUnified Managerのバックアップ処理では、バックアップ ファイルを仮想アプライアンスから移動する手段がないため、次の手順で仮想アプライアンスのバックアップを完了します。
  1. VMの電源をオフにし、Unified Manager仮想アプライアンスのVMwareスナップショットを作成します。
  2. データストアでNetApp Snapshotコピーを作成してVMwareスナップショットをキャプチャします。

    ONTAPソフトウェアを実行しているシステム以外でデータストアをホストしている場合は、ストレージ ベンダーのガイドラインに従ってVMwareスナップショットを作成します。

  3. NetApp Snapshotコピーまたはそれに相当するスナップショットを別のストレージにレプリケートします。
  4. VMwareスナップショットを削除します。

問題が発生した場合にUnified Manager仮想アプライアンスが保護されるようにするには、同じ手順に従ってバックアップ スケジュールを実装します。

VMをリストアする際は、作成したVMwareスナップショットを使用して、VMをバックアップの作成時点の状態に戻すことができます。