テクニカル サポートへのUnified Managerサポート バンドルの送信

このワークフローでは、Unified Managerのメンテナンス コンソールを使用して、サポート バンドルの生成、取得、テクニカル サポートへの送信を行う方法の例を示します。サポート バンドルの送信が必要となるのは、問題についてAutoSupportメッセージよりも詳しい診断とトラブルシューティングが必要な場合です。

タスク概要

メンテナンス コンソールの詳細については、Active IQ Unified Managerシステム構成ガイドを参照してください。

Unified Managerでは、生成されたサポート バンドルが一度に2つ保存されます。