スケジュールされたメンテナンス時間の変更とキャンセル

まだ開始されていない設定済みのUnified Managerのメンテナンス時間について、開始時刻や終了時刻を変更したり、メンテナンス時間をキャンセルしたりできます。

開始する前に

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

メンテナンス時間中に、すでにクラスタのメンテナンスが完了したため、スケジュールされたメンテナンス時間の終了時刻を待たずにクラスタからのイベントやアラートの通知を再開したい場合は、現在のメンテナンス時間をキャンセルすると便利です。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[ストレージ管理] > [クラスタ セットアップ]をクリックします。
  2. クラスタの[メンテナンス モード]列で次の手順を実行します。
    状況 実行する手順
    スケジュールされたメンテナンス時間の期間を変更する
    1. スライダ ボタンの横にある「スケジュール設定済み」というテキストをクリックします。
    2. 開始日時や終了日時を変更し、[適用]をクリックします。
    現在のアクティブなメンテナンス時間を延長する
    1. スライダ ボタンの横にある「アクティブ」というテキストをクリックします。
    2. 終了日時を変更し、[適用]をクリックします。
    スケジュールされたメンテナンス時間をキャンセルする スライダ ボタンを選択して左に動かします。
    アクティブなメンテナンス時間をキャンセルする スライダ ボタンを選択して左に動かします。