ボリュームのオフライン状態の問題の解決

このワークフローでは、Unified Manager[イベント管理]インベントリ ページに表示されるボリューム オフライン イベントを評価して解決する方法の例を示します。このシナリオでは、管理者がUnified Managerを使用してボリューム オフライン イベントを解決します。

開始する前に

オペレータ、アプリケーション管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

ボリュームがオフライン状態と報告された場合は、いくつかの理由が考えられます。 [イベント管理]インベントリ ページ、および[クラスタ / 健全性][Storage VM / 健全性][ボリューム / 健全性]の各詳細ページを使用して、上記の可能性が1つ以上該当するかどうかを確認できます。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[イベント管理]をクリックします。
  2. [イベント管理]インベントリ ページで、[アクティブな可用性イベント]を選択します。
  3. 「ボリュームはオフライン」イベントのハイパーテキスト リンクをクリックします。
    可用性インシデントの[イベントの詳細]ページが表示されます。
  4. このページで、SVM管理者が対象のボリュームをオフラインにしたことを示すメモがないか確認します。
  5. [イベントの詳細]ページで、次のタスクを1つ以上実行して情報を確認できます。
    • 実行可能な診断のガイダンスを得るために、[原因]フィールドに表示される情報を確認します。

      この例では、[原因]フィールドの情報から、該当のボリュームのみがオフラインになっていることがわかります。

    • [メモと更新]領域で、SVM管理者が該当のボリュームを意図的にオフラインにしたかどうかを確認します。
    • イベントのソース(ここではオフライン状態と報告されたボリューム)をクリックして、ボリュームの詳細情報を参照します。ボリュームがオフライン状態になった場合の対処策の実施
    • イベントを管理者に割り当てます。イベントの割り当て
    • イベントに応答するか、またはイベントを解決済みとマークします(該当する場合)。イベントの確認と解決