プロトコルとポートの要件

ブラウザ、APIクライアント、またはSSHを使用して、必要なポートにUnified Manager UIおよびAPIからアクセスできるようにする必要があります。これらのポートとプロトコルを使用して、Unified Managerサーバは管理対象のストレージ システム、サーバ、その他のコンポーネントと通信します。

Unified Managerサーバへの接続

通常の環境では、Unified Manager Web UIへの接続に常にデフォルトのポートが使用されるため、ポート番号を指定する必要はありません。たとえば、Unified Managerは常にデフォルトのポートで実行されるため、https://<host>:443の代わりにhttps://<host>と入力できます。

Unified Managerサーバでは、次のインターフェイスにアクセスする際に特定のプロトコルを使用します。

インターフェイス プロトコル ポート 説明
Unified Manager Web UI HTTP 80 Unified Manager Web UIへのアクセスに使用され、自動的にセキュア ポート443にリダイレクトされます。
Unified Manager Web UIおよびAPIを使用するプログラム HTTPS 443 Unified Manager Web UIへのセキュアなアクセスとAPI呼び出しに使用されます。API呼び出しはHTTPSでしか実行できません。
メンテナンス コンソール SSH / SFTP 22 メンテナンス コンソールにアクセスしてサポート バンドルを取得する際に使用されます。
Linuxコマンドライン SSH / SFTP 22 Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOSのコマンドラインにアクセスしてサポート バンドルを取得する際に使用されます。
MySQLデータベース MySQL 3306 OnCommand Workflow AutomationおよびOnCommand API ServicesからUnified Managerへのアクセスで使用されます。
MySQLデータベース拡張インターフェイス(MySQL X Protocol) MySQL 33060 OnCommand Workflow AutomationおよびOnCommand API ServicesからUnified Managerへのアクセスで使用されます。
syslog UDP 514 ONTAPシステムからのサブスクリプションベースのEMSメッセージにアクセスし、メッセージに基づいてイベントを作成する際に使用されます。
REST HTTPS 9443 認証されたONTAPシステムからのREST APIベースのリアルタイムのEMSイベントにアクセスする際に使用されます。
注:HTTP通信とHTTPS通信に使用されるポート(ポート80と443)は、Unified Managerメンテナンス コンソールを使用して変更できます。詳細については、『Active IQ Unified Managerシステム構成ガイド』を参照してください。

Unified Managerサーバからの接続

ファイアウォールの設定で、Unified Managerサーバと管理対象のストレージ システム、サーバ、その他のコンポーネントの間の通信に使用するポートを開いておく必要があります。ポートが開いていない場合、通信は失敗します。

環境に応じて、Unified Managerサーバから特定の接続先への接続に使用するポートとプロトコルを変更することもできます。

Unified Managerサーバは、次のプロトコルとポートを使用して、管理対象のストレージ システム、サーバ、その他のコンポーネントに接続します。

デスティネーション プロトコル ポート 説明
ストレージ システム HTTPS 443/TCP ストレージ システムの監視と管理に使用されます。
ストレージ システム NDMP 10000/TCP 特定のSnapshotリストア処理に使用されます。
AutoSupportサーバ HTTPS 443 AutoSupport情報の送信に使用されます。この機能を実行するにはインターネット アクセスが必要です。
認証サーバ LDAP 389 認証要求、およびユーザとグループの検索要求に使用されます。
LDAPS 636 セキュアなLDAP通信に使用されます。
メール サーバ SMTP 25 アラート通知Eメールの送信に使用されます。
SNMPトラップの送信元 SNMPv1またはSNMPv3 162/UDP アラート通知SNMPトラップの送信に使用されます。
外部データ プロバイダのサーバ TCP 2003 外部のデータ プロバイダ(Graphiteなど)へのパフォーマンス データの送信に使用されます。
NTPサーバ NTP 123/UDP Unified Managerサーバの時間を外部のNTPタイム サーバと同期するために使用されます (VMwareシステムのみ)。