LinuxでのJREのアップグレード

Unified ManagerがインストールされているLinuxサーバでJava Runtime Environment(JRE)を新しいバージョンにアップグレードすることで、セキュリティの脆弱性に対する修正を入手できます。

開始する前に

Unified ManagerがインストールされているLinuxシステムに対するroot権限が必要です。

手順

  1. Unified Managerホスト マシンにrootユーザとしてログインします。
  2. 該当するバージョンのJava(64ビット)をターゲット システムにダウンロードします。
  3. Unified Managerのサービスを停止します。systemctl stop ocieausystemctl stop ocie
  4. システムに最新のJREをインストールします。
  5. Unified Managerのサービスを開始します。systemctl start ociesystemctl start ocieau