Unified Managerのアンインストール

Red Hat Enterprise LinuxホストまたはCentOSホストからUnified Managerを削除する必要がある場合は、1つのコマンドでUnified Managerを停止してアンインストールできます。

開始する前に

手順

  1. Unified Managerを削除するサーバにrootユーザとしてログインします。
  2. Unified Managerを停止してサーバから削除します。rpm -e netapp-um
    これにより、関連するネットアップのRPMパッケージがすべて削除されます。Java、MySQL、p7zipなど、前提条件のソフトウェア モジュールは削除されません。
  3. オプション: 必要に応じて、Java、MySQL、p7zipなどのサポート ソフトウェア モジュールを削除します。rpm -e p7zip mysql-community-client mysql-community-server mysql-community-common mysql-community-libs java-x.y

タスクの結果

この処理が完了するとソフトウェアが削除されます。ただし、MySQLのデータは削除されません。アンインストール後、/opt/netapp/dataディレクトリのデータは/opt/netapp/data/BACKUPフォルダにすべて移動されます。