Unified Managerのアップグレード

Red HatプラットフォームでUnified Manager 9.5または9.6から9.7にアップグレードするには、インストール ファイルをダウンロードして実行します。

開始する前に

手順

  1. ターゲットのRed Hat Enterprise LinuxサーバまたはCentOSサーバにログインします。
  2. サーバにUnified Managerのバンドルをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたディレクトリに移動し、Unified Managerのバンドルを展開します。 unzip ActiveIQUnifiedManager-<version>.zip
    Unified Managerに必要なRPMモジュールがターゲット ディレクトリに解凍されます。
  4. ディレクトリに次のモジュールが展開されたことを確認します。ls *.rpm
    • netapp-um<version>.x86_64.rpm
  5. オプション: システムがインターネットに接続されていない場合やRHELのリポジトリを使用していない場合は、次の手順に従って、必要なパッケージが揃っているかどうかを調べ、足りないパッケージをダウンロードします。
    1. 各パッケージについてその有無を表示します。 yum install netapp-um<version>.x86_64.rpm --assumeno
      「Installing:」セクションの項目が現在のディレクトリにあるパッケージで、「Installing for dependencies:」セクションの項目がシステムにないパッケージです。
    2. インターネットにアクセス可能なシステムで、不足しているパッケージをダウンロードします。 yum install package_name --downloadonly --downloaddir=.
      注:「yum-plugin-downloadonly」プラグインは、Red Hat Enterprise Linuxシステムで常に有効になっているとはかぎりません。インストールを実行せずにパッケージをダウンロードするために、この機能を有効にする必要がある場合があります。yum install yum-plugin-downloadonly
    3. インターネットに接続したシステムからインストール先のシステムに足りないパッケージをコピーします。
  6. インストール前スクリプトを実行して、アップグレードと競合するシステム設定やインストール済みソフトウェアがないことを確認します。sudo ./pre_install_check.sh
    インストール前スクリプトは、システムに有効なRed Hatサブスクリプションが存在すること、およびシステムが必要なソフトウェア リポジトリにアクセスできることをチェックします。問題が検出された場合は、Unified Managerをアップグレードする前に修正する必要があります。
  7. 次のスクリプトを使用してUnified Managerをアップグレードします。upgrade.sh
    RPMモジュールが自動的に実行され、必要なサポート ソフトウェアとそれらで実行されているUnified Managerモジュールがアップグレードされます。アップグレードと競合するシステム設定やインストール済みソフトウェアがないかどうかも確認されます。問題が検出された場合は、Unified Managerをアップグレードする前に修正する必要があります。
    重要:アップグレードの実行に他のコマンド(rpm -Uvhyum installなど)は使用しないでください。yum installコマンドを使用してUnified Manager 9.5または9.6を9.7にアップグレードすると、エラーが発生してシステムが使用できなくなる可能性があります。アップグレードを正しく実行するには、Unified Managerのすべてのファイルと関連ファイルを特定の順序で特定のディレクトリ構造にアップグレードする必要があり、そのためにはスクリプトを使用する必要があります。
  8. アップグレードが完了したら、メッセージを上にスクロールして、Unified Manager Web UIのIPアドレスまたはURL、メンテナンス ユーザの名前(umadmin)、およびデフォルトのパスワードを確認します。
    メッセージは次のようになります。
    Active IQ Unified Manager upgraded successfully.
    Use a web browser and one of the following URLs to access the Unified Manager GUI:
    
    https://default_ip_address/    (if using IPv4)
    https://[default_ip_address]/  (if using IPv6)
    https://fully_qualified_domain_name/

終了後の操作

サポートされているWebブラウザに表示されたIPアドレスまたはURLを入力してUnified Manager Web UIを起動し、前に設定したメンテナンス ユーザの名前(umadmin)とパスワードを使用してログインします。