MySQLのアップグレード

Unified ManagerがインストールされているWindowsサーバでは、MySQLをバージョンアップしてセキュリティの脆弱性に対する修正を入手できます。マイナー アップグレードの場合、MySQLの基本バージョンは8.0.17以降である必要があります。システムにインストールされているMySQLのバージョンが8.0.17より前の場合、Unified Manager 9.7のアップグレード プロセスによってMySQLが8.0.17に自動的にアップグレードされます。旧バージョンから8.0.17へのMySQLのスタンドアロン アップグレードは実行しないでください。

開始する前に

注:システムにインストールされているMySQLのバージョンが5.7の場合は、MySQLをバージョン8.0.17に直接アップグレードしないでください。アップグレードするとアプリケーション データが失われます。

手順

  1. Unified Managerホスト マシンにadminユーザとしてログインします。
  2. 該当するバージョンのMySQLをターゲット システムにダウンロードします。
  3. Windowsの[サービス]コンソールを使用して、Unified Managerの次のサービスを停止します。
    • NetApp Active IQ Acquisition Service(Ocie-au)
    • NetApp Active IQ Management Server Service(Oncommandsvc)
    • MYSQL8
  4. .msiパッケージをクリックし、画面の指示に従ってMySQLのアップグレードを完了します。
  5. Windowsの[サービス]コンソールを使用して、Unified Managerの次のサービスを開始します。
    • MYSQL8
    • NetApp Active IQ Management Server Service(Oncommandsvc)
    • NetApp Active IQ Acquisition Service(Ocie-au)