ワークシートへの記入

Unified Managerをインストールして設定する前に、環境に関する特定の情報を確認しておく必要があります。次のリストに情報をまとめておくと便利です。

Unified Managerのインストール情報

Unified Managerをインストールする際に必要な情報を記入します。

ソフトウェアを導入するシステム 収集/決定する情報
ESXiサーバのIPアドレス  
ホストの完全修飾ドメイン名  
ホストのIPアドレス  
ネットワーク マスク  
ゲートウェイのIPアドレス  
プライマリDNSアドレス  
セカンダリDNSアドレス  
検索ドメイン  
メンテナンス ユーザのユーザ名  
メンテナンス ユーザのパスワード  

Unified Managerの設定情報

インストール後にUnified Managerを設定するための情報を記入します。構成によっては省略可能な値もあります。

設定 収集/決定する情報
メンテナンス ユーザのEメール アドレス  
NTPサーバ  
SMTPサーバのホスト名またはIPアドレス  
SMTPのユーザ名  
SMTPのパスワード  
SMTPポート 25(デフォルト値)
アラート通知の送信元Eメール アドレス  
認証サーバのホスト名またはIPアドレス  
Active Directoryの管理者名または

LDAPのバインド識別名

 
Active Directoryのパスワードまたは

LDAPのバインド パスワード

 
認証サーバのベース識別名  
アイデンティティ プロバイダ(IdP)のURL  
アイデンティティ プロバイダ(IdP)のメタデータ  
SNMPトラップの送信先ホストのIPアドレス  
SNMPポート  

クラスタ情報

Unified Managerを使用して管理するストレージ システムの情報を記入します。

クラスタ1 / N 収集/決定する情報
ホスト名またはクラスタ管理IPアドレス  
ONTAP管理者のユーザ名
注:管理者には「admin」ロールが割り当てられている必要があります。
 
ONTAP管理者のパスワード  
プロトコル HTTPS