しきい値を使用して追跡可能なパフォーマンス カウンタ

IOPSやMBpsなど、一部の共通のパフォーマンス カウンタでは、すべてのストレージ オブジェクトを対象にしきい値を設定できます。それ以外のカウンタでは、特定のストレージ オブジェクトに対してのみしきい値を設定できます。

使用可能なパフォーマンス カウンタ

ストレージ オブジェクト パフォーマンス カウンタ 説明
クラスタ IOPS クラスタで処理される1秒あたりの平均入出力処理数
MBps このクラスタとの間で転送される1秒あたりの平均データ量(MB)
ノード IOPS ノードで処理される1秒あたりの平均入出力処理数
MBps このノードとの間で転送される1秒あたりの平均データ量(MB)
レイテンシ ノードがアプリケーションの要求に応答するまでの平均時間(ミリ秒)
利用率 ノードのCPUとRAMの平均使用率
使用済みパフォーマンス容量 ノードによるパフォーマンス容量の平均消費率
使用済みパフォーマンス容量 - テイクオーバー ノードによるパフォーマンス容量の平均消費率とパートナー ノードのパフォーマンス容量
アグリゲート IOPS アグリゲートで処理される1秒あたりの平均入出力処理数
MBps このアグリゲートとの間で転送される1秒あたりの平均データ量(MB)
レイテンシ アグリゲートがアプリケーションの要求に応答するまでの平均時間(ミリ秒)
利用率 アグリゲートのディスクの平均使用率
使用済みパフォーマンス容量 アグリゲートによるパフォーマンス容量の平均消費率
Storage Virtual Machine(SVM) IOPS SVMで処理される1秒あたりの平均入出力処理数
MBps このSVMとの間で転送される1秒あたりの平均データ量(MB)
レイテンシ SVMがアプリケーションの要求に応答するまでの平均時間(ミリ秒)
ボリューム IOPS ボリュームで処理される1秒あたりの平均入出力処理数
MBps このボリュームとの間で転送される1秒あたりの平均データ量(MB)
レイテンシ ボリュームがアプリケーションの要求に応答するまでの平均時間(ミリ秒)
キャッシュ ミス率 クライアント アプリケーションからの読み取り要求に対してキャッシュからではなくボリュームからデータが返される割合の平均値
LUN IOPS LUNで処理される1秒あたりの平均入出力処理数
MBps このLUNとの間で転送される1秒あたりの平均データ量(MB)
レイテンシ LUNがアプリケーションの要求に応答するまでの平均時間(ミリ秒)
ネームスペース IOPS ネームスペースで処理される1秒あたりの平均入出力処理数
MBps このネームスペースとの間で転送される1秒あたりの平均データ量(MB)
レイテンシ ネームスペースがアプリケーションの要求に応答するまでの平均時間(ミリ秒)
ポート 帯域幅利用率 ポートの使用可能な帯域幅の平均使用率
MBps このポートとの間で転送される1秒あたりの平均データ量(MB)
ネットワーク インターフェイス(LIF) MBps このLIFとの間で転送される1秒あたりの平均データ量(MB)
注:パフォーマンス容量のデータは、クラスタ内のノードにONTAP 9.0以降のソフトウェアがインストールされている場合にのみ表示されます。