Workload Analyzerで表示されるデータ

[Workload Analyzer]ページには、ワークロードに影響している可能性があるイベントの情報、イベントの原因となっている問題を解決するための推奨事項、およびパフォーマンスと容量の履歴を分析するためのグラフが表示されます。

ページの上部では、分析するワークロード(ボリュームまたはLUN)の名前と、統計情報を表示する期間を指定します。表示する期間はいつでも短縮または延長することができます。

ページの他の領域には、分析結果およびパフォーマンスと容量のグラフが表示されます。

注:LUNのワークロード グラフに表示される統計情報レベルは、ボリュームのワークロード グラフと同じではないため、これら2種類のワークロードで異なる値が表示されることもあります。
イベントのサマリ領域
期間中に発生したイベントの数とタイプの概要が表示されます。複数の影響領域(パフォーマンスと容量など)のイベントがある場合は、ここから必要なイベント タイプの詳細を選択できます。イベント タイプをクリックすると、イベント名のリストが表示されます。
期間中にイベントが1つしかない場合、一部のイベントについては、問題を解決するための推奨事項のリストが表示されます。
イベント タイムライン
指定した期間内に発生したすべてのイベントが表示されます。各イベントにカーソルを合わせると、イベント名が表示されます。
[イベントの詳細]ページから[ワークロードを分析]ボタンをクリックしてこのページを表示した場合、選択したイベントのアイコンはほかよりも大きく表示されます。
[パフォーマンス]グラフ領域
選択した期間のレイテンシ、スループット(IOPSとMBpsの両方)、利用率(ノードとアグリゲートの両方)のグラフが表示されます。詳しい分析を行う場合は、[パフォーマンスの詳細を表示]リンクをクリックすると、ワークロードの[パフォーマンス エクスプローラ]ページを表示できます。
  • [レイテンシ]には、ワークロードのレイテンシが表示されます。このグラフには3つのビューがあり、それぞれ合計レイテンシ、読み取り / 書き込み / その他プロセス別の内訳、クラスタ コンポーネント別の内訳が表示されます。

    表示されるクラスタ コンポーネントについては、クラスタ コンポーネントとその競合要因を参照してください。

  • [スループット]には、ワークロードのスループット(IOPSとMBpsの両方)が表示されます。このグラフには2つのビューがあり、それぞれ合計スループットと読み取り / 書き込み / その他プロセス別の内訳が表示されます。

    サービス品質(QoS)の最大 / 最小スループットのしきい値設定が表示されている場合、このグラフにはこれらの値も表示されるため、システムによって意図的にスループットが制限されているかどうかを確認できます。

  • [利用率]には、ワークロードが実行されているアグリゲートとノード両方の利用率が表示されます。ここから、アグリゲートまたはノードが過剰に使用され、その結果レイテンシが高くなっていないか確認できます。FlexGroupボリュームを分析している場合は、利用率グラフに複数のノードと複数のアグリゲートが表示されます。
[容量]グラフ領域
過去1カ月のワークロードに対するデータ容量とSnapshot容量のグラフが表示されます。
ボリュームについて詳しい分析を行う場合は、[容量の詳細を表示]リンクをクリックすると、ワークロードの[健全性の詳細]ページを表示できます。LUNには[健全性の詳細]ページがないため、このリンクは表示されません。
  • [容量ビュー]には、ワークロードに割り当てられている使用可能スペースの合計、および使用済み論理スペース(ネットアップの最適化をすべて実行したあとのスペース)が表示されます。
  • [Snapshotビュー]には、Snapshotコピー用にリザーブされているスペースの合計と、現在使用されているスペースの量が表示されます。LUNにはSnapshotビューが表示されません。
これらのどちらのグラフにも、このワークロードの容量がフルになるまでの推定残り時間が表示されます。この情報は過去の使用状況に基づいており、最低10日間のデータが必要です。Unified Managerは、容量の残り期間が30日を切ったストレージを「ほぼフル」とみなします。