カウンタ グラフの概要

[カウンタ グラフ]ペイン内のグラフを使用して、ルート オブジェクト、および関連オブジェクト グリッドから追加したオブジェクトのパフォーマンス データを表示および比較できます。パフォーマンスの傾向を把握して、パフォーマンスの問題を特定および解決するのに便利です。

デフォルトで表示されるカウンタ グラフは、[イベント][レイテンシ][IOPS][MBps]です。オプションで表示できるグラフには、[利用率][使用済みパフォーマンス容量][使用可能な IOPS][IOPS/TB][キャッシュ ミス率]があります。さらに、[レイテンシ][IOPS][MBps][使用済みパフォーマンス容量]の各グラフについては、合計の値や内訳の値を表示するように選択することができます。

デフォルトでは、[パフォーマンス エクスプローラ]にはストレージ オブジェクトでサポートされているかどうかに応じて特定のカウンタ グラフが表示されます。サポートされていないカウンタ グラフは空で、「適用対象外:<オブジェクト>」というメッセージが表示されます。

グラフには、ルート オブジェクトおよび[比較]ペインで選択したすべてのオブジェクトのパフォーマンスの傾向が表示されます。各グラフには次のようにデータが表示されます。
X軸
指定した期間が表示されます。期間を指定しなかった場合のデフォルトの期間は過去72時間です。
Y軸
選択したオブジェクトに固有のカウンタ単位が表示されます。

ラインの色は、[比較]ペインに表示されているオブジェクト名の色と同じです。ラインの特定のポイントにカーソルを合わせると、そのポイントの時間と値の詳細を表示できます。

グラフ内の特定の期間について調査するには、次のいずれかを実行します。

注:ラインが連続しておらず、切れ目が表示されることがあります。その期間はUnified Managerがストレージ システムからパフォーマンス データを収集できなかったか、またはUnified Managerが停止していた可能性があります。