ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーの編集

既存のパフォーマンスしきい値ポリシーのしきい値の設定を編集することができます。これは、特定のしきい値条件に対するアラートが多すぎたり少なすぎたりする場合に調整するのに役立ちます。

開始する前に

アプリケーション管理者のロールが必要です。

タスク概要

ポリシーの名前や既存のしきい値ポリシーで監視しているストレージ オブジェクトのタイプは変更できません。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[イベントしきい値] > [パフォーマンス]を選択します。
    [パフォーマンスしきい値]ページが表示されます。
  2. 変更するしきい値ポリシーを選択し、[編集]をクリックします。
    [パフォーマンスしきい値ポリシーの編集]ページが表示されます。
  3. しきい値ポリシーに変更を加え、[保存]をクリックします。
    [パフォーマンスしきい値]ページに戻ります。

タスクの結果

変更を保存すると、そのポリシーを使用するすべてのストレージ オブジェクトにすぐに反映されます。

終了後の操作

ポリシーに対して行った変更の種類に応じて、そのポリシーを使用するオブジェクトに対して設定されたアラート設定を[アラート セットアップ]ページで確認できます。