ダッシュボードのパフォーマンス パネルについて

Unified Managerのダッシュボードでは、環境内の監視対象のすべてのクラスタのパフォーマンス ステータスの概要が、複数のパネルに分けて表示されます。すべてのクラスタまたは個々のクラスタのステータスを表示できます。

次の図は、Unified Managerのダッシュボードですべてのクラスタが表示されている例を示しています。

ほとんどのパネルには、パフォーマンス情報に加えて、そのカテゴリのアクティブ イベントの数および過去24時間に追加された新しいイベントの数が表示されます。この情報から、報告されたイベントを解決するために詳細な分析が必要なクラスタを決定できます。イベントをクリックすると、上位数件のイベントが表示され、そのカテゴリのイベントだけを表示する[イベント管理]インベントリ ページへのリンクが表示されます。

次のパネルにはパフォーマンス ステータスが表示されます。

[パフォーマンス容量]パネル
すべてのクラスタを表示している場合、このパネルには、各クラスタのパフォーマンス容量(過去1時間の平均)と、パフォーマンス容量が上限に達するまでの日数(日次増加率に基づく)が表示されます。棒グラフをクリックすると、そのクラスタの[ノード]インベントリ ページが表示されます。[ノード]インベントリ ページに表示される値は過去72時間の平均パフォーマンス容量であるため、ダッシュボードの値と一致しない場合があります。
単一のクラスタを表示している場合、このパネルには、そのクラスタのパフォーマンス容量、合計IOPS、合計スループットが表示されます。
[ワークロード IOPS]パネル
ワークロードのアクティブ管理が有効になっていて、単一のクラスタを表示している場合、このパネルには、特定の範囲のIOPSで現在実行されているワークロードの総数が表示されます。
[ワークロード パフォーマンス]パネル
ワークロードのアクティブ管理が有効になっている場合、このパネルには、定義された各パフォーマンス サービス レベルに割り当てられている準拠ワークロードと非準拠ワークロードの総数が表示されます。棒グラフをクリックすると、そのポリシーに割り当てられているワークロードが[ワークロード]ページに表示されます。
[使用状況]パネル
すべてのクラスタを表示している場合、IOPSまたはスループット(MBps)が高い順にクラスタを表示できます。
単一のクラスタを表示している場合は、そのクラスタのワークロードをIOPSまたはスループット(MBps)が高い順に表示できます。