Unified Managerがイベントによるパフォーマンスへの影響を判定する仕組み

Unified Managerは、ワークロードについてそのアクティビティ、利用率、書き込みスループット、クラスタ コンポーネントの使用量、またはI/Oレイテンシ(応答時間)の偏差を使用して、ワークロード パフォーマンスへの影響のレベルを判定します。この情報によって、各ワークロードのイベントにおける役割と[イベントの詳細]ページでのランク付けが決まります。

Unified Managerは、ワークロードの最新の分析値を値の想定範囲(レイテンシ予測)と比較します。最新の分析値と値の想定範囲の差が最も大きいワークロードが、イベントによってパフォーマンスに最も影響を受けたワークロードです。

たとえば、クラスタに2つのワークロード(ワークロードAとワークロードB)が含まれているとします。ワークロードAのレイテンシ予測は5~10ms/opで、実際のレイテンシは通常で約7ms/opです。ワークロードBのレイテンシ予測は10~20ms/opです。実際のレイテンシは通常で約15ms/opです。どちらのワークロードも、レイテンシ予測の範囲内に収まっています。クラスタでの競合が原因で両方のワークロードのレイテンシが40ms/opに上昇し、レイテンシ予測の上限である動的なパフォーマンスしきい値を超えた結果イベントがトリガーされたとします。レイテンシの偏差(想定される値とパフォーマンスしきい値を上回った値の差)はワークロードAで約33ms/op、ワークロードBで25ms/opです。どちらのワークロードもレイテンシが40ms/opまで急増しましたが、ワークロードAの方がレイテンシの偏差が大きい(33ms/op)ため、パフォーマンスへの影響も大きかったことが判断できます。

[イベントの詳細]ページの[システム診断]セクションでは、クラスタ コンポーネントのアクティビティ、利用率、またはスループットの偏差でワークロードをソートできます。また、レイテンシでソートすることもできます。ソート オプションを選択すると、Unified Managerは、アクティビティ、利用率、スループット、またはレイテンシについて、想定される値とイベント検出後の値の差を分析して、ワークロードのソート順序を決定します。レイテンシの赤のドット(Performance Managerの警告アイコン)は、Victimワークロードがパフォーマンスしきい値を超えたこと、および以降のレイテンシへの影響を表しています。ドットが多いほどレイテンシの偏差が大きいことを示しており、イベントによってレイテンシが最も影響を受けたVictimワークロードを特定するのに役立ちます。