Unified Managerによるクラウドへのデータの階層化の推奨について

[パフォーマンス:すべてのボリューム]ビューに、ボリュームに格納されているアクセス頻度の低いユーザ データ(コールド データ)のサイズに関する情報が表示されます。Unified Managerが、特定のボリュームについて、アクセス頻度の低いデータをFabricPool対応アグリゲートのクラウド階層(クラウド プロバイダまたはStorageGRID)に階層化することを推奨することがあります。

重要:FabricPoolはONTAP 9.2で導入されたため、ONTAP 9.2より前のバージョンのソフトウェアを使用している場合、Unified Managerによるデータ階層化の推奨に従うには、ONTAPソフトウェアのアップグレードが必要になります。また、「自動」階層化ポリシーはONTAP 9.4、「すべて」階層化ポリシーはONTAP 9.6で導入されたため、「自動」階層化ポリシーの使用が推奨される場合は、ONTAP 9.4以降にアップグレードする必要があります。

[パフォーマンス:すべてのボリューム]ビューの次の3つのフィールドには、アクセス頻度の低いデータをクラウド階層に移動することでストレージ システムのディスク使用率の改善やパフォーマンス階層のスペースの削減が可能かどうかに関する情報が提供されます。

階層化ポリシー
階層化ポリシーによって、ボリュームのデータを高パフォーマンス階層に残すか、あるいは一部のデータをパフォーマンス階層からクラウド階層に移動するかが決まります。
このフィールドには、ボリュームに対して設定されている階層化ポリシーが、ボリュームが現在FabricPoolアグリゲートにない場合も含めて表示されます。階層化ポリシーが適用されるのは、ボリュームがFabricPoolアグリゲートにある場合のみです。
コールド データ
ボリュームに格納されているアクセス頻度の低いユーザ データ(コールド データ)のサイズが表示されます。
ボリュームが配置されたアグリゲートの「Inactive Data Reporting」パラメータが「有効」に設定されていること、およびアクセスがなかった最小日数のしきい値を満たしていること(「Snashot のみ」または「自動」の階層化ポリシーを使用するボリュームの場合)が前提となるため、このフィールドに値が表示されるのはONTAP 9.4以降のソフトウェアを使用している場合のみです。それ以外の場合は「N/A」と表示されます。
クラウドに関する推奨事項
ボリュームのデータ アクティビティに関して十分な情報が収集されると、Unified Managerは、対処が不要か、またはアクセス頻度の低いデータをクラウド階層に移動することでパフォーマンス階層のスペースを削減できるかを判断することができます。
注:[コールド データ]フィールドは15分ごとに更新されますが、[クラウドに関する推奨事項]フィールドは7日ごと(ボリューム上でコールド データ分析が実行されるとき)に更新されます。そのため、コールド データの正確な量はフィールド間で異なる可能性があります。[クラウドに関する推奨事項]フィールドには、分析が実行された日付が表示されます。

Inactive Data Reportingが有効になっている場合、[コールド データ]フィールドにアクセス頻度の低いデータの正確な量が表示されます。Inactive Data Reporting機能を使用できない場合、Unified Managerはパフォーマンス統計に基づいてアクセス頻度の低いデータがボリュームにあるかどうかを判断します。この場合、アクセス頻度の低いデータの量は[コールド データ]フィールドには表示されませんが、「階層」という単語にカーソルを合わせてクラウドに関する推奨事項を表示すると表示されます。

クラウドに関する推奨事項には、次のいずれかが表示されます。

ボリュームを移動したり、ボリュームの階層化ポリシーやアグリゲートのInactive Data Reportingの設定を変更するには、ONTAP System Manager、ONTAP CLIコマンド、またはこの2つを組み合わせて使用します。

Unified Managerにアプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールでログインしている場合、「階層」という語にカーソルを合わせると、クラウドに関する推奨事項で[ボリュームの設定]リンクが有効になります。このボタンをクリックすると、System Manager[ボリューム]ページが開き、推奨される変更を実施することができます。