ストレージQoSがワークロード スループットを制御する仕組み

QoSポリシー グループを作成して、ポリシー グループに含まれるワークロードの1秒あたりのI/O処理数(IOPS)やスループット(MBps)の上限を制御できます。ワークロードが属するポリシー グループに上限が設定されていない場合(デフォルトのポリシー グループなど)、あるいは設定された上限がニーズに合わない場合は、上限を引き上げるか、適切な上限が設定された新規または既存のポリシー グループにワークロードを移動できます。

「従来の」QoSポリシー グループは、単一のボリュームやLUNなど、個々のワークロードに割り当てることができます。この場合、そのワークロードがスループットを上限まで使用できます。また、QoSポリシー グループを複数のワークロードに割り当てることもできます。この場合は、スループットの上限がそれらのワークロードで「共有」されます。たとえば、3つのワークロードに9,000 IOPSのQoS制限を割り当てた場合、IOPSの合計が9,000 IOPSを超えないように制限されます。

「アダプティブ」QoSポリシー グループも、個々のワークロードと複数のワークロードのどちらにも割り当てることができます。ただし、複数のワークロードに割り当てられている場合も、スループットの値を他のワークロードと共有するのではなく、各ワークロードでスループットが上限まで使用されます。さらに、アダプティブQoSポリシーは、スループットの設定をワークロードごとにボリューム サイズに基づいて自動的に調整し、ボリューム サイズが変わっても容量に対するIOPSの比率を維持します。たとえば、アダプティブQoSポリシーでピークが5,000 IOPS/TBに設定されている場合、10TBのボリュームの最大スループットは50,000 IOPSになります。ボリュームのサイズが20TBに変更されると、アダプティブQoSによって最大値が100,000 IOPSに調整されます。

ONTAP 9.5以降では、アダプティブQoSポリシーを定義する際にブロック サイズを指定できます。これにより、ワークロードが非常に大きなブロック サイズを使用していて、その結果スループットの大半を使用しているケースでは、ポリシーのしきい値がIOPS/TBからMBpsに変換されます。

グループでQoSポリシーを共有している場合、ポリシー グループ内のすべてのワークロードのIOPSまたはMBpsが設定された上限を超えると、ワークロードが調整されてそのアクティビティが制限されます。その結果、ポリシー グループ内の全ワークロードのパフォーマンスが低下することがあります。ポリシー グループの調整によって動的なパフォーマンス イベントが生成されると、イベントの説明に関係するポリシー グループの名前が表示されます。

[パフォーマンス:すべてのボリューム]ビューでは、影響を受けたボリュームをIOPSとMBpsでソートすることで、イベントの原因となった可能性がある使用率が最も高いワークロードを確認できます。[パフォーマンス / ボリューム エクスプローラ]ページで、他のボリュームまたはボリューム上のLUNを選択して、影響を受けたワークロードについてIOPSまたはMBpsのスループットの使用状況を比較することができます。

ノード リソースを過剰に消費しているワークロードは、より制限の厳しいポリシー グループに割り当てます。これにより、ポリシー グループによる調整でワークロードのアクティビティが制限されて、そのノードでのリソースの使用が削減されます。一方、ワークロードで使用できるノードのリソースを増やす場合は、ポリシー グループの値を大きくすることができます。

System Manager、ONTAPコマンド、またはUnified Managerパフォーマンス サービス レベルを使用してポリシー グループを管理できます。これには次のタスクが含まれます。