[使用済みパフォーマンス容量(内訳)]グラフを使用したフェイルオーバーの計画

[使用済みパフォーマンス容量(内訳)]グラフには、プライマリ ノードとパートナー ノードの使用済みパフォーマンス容量が表示されます。また、推定テイクオーバー ノードの空きパフォーマンス容量も表示されます。この情報から、パートナー ノードで障害が発生した場合にパフォーマンスの問題が生じる可能性があるかどうかを判断できます。

タスク概要

内訳グラフでは、ノードの使用済みパフォーマンス容量の合計に加えて、各ノードの値がユーザ プロトコルとバックグラウンド プロセスに分けて表示されます。

これらの詳細情報を確認することにより、パフォーマンスの問題の原因がユーザ アプリケーションのアクティビティとバックグラウンドのシステム プロセス(重複排除、RAIDの再構築、ディスク スクラビング、SnapMirrorコピーなど)のどちらにあるかを判断できます。

手順

  1. 推定テイクオーバー ノードとなるノードの[パフォーマンス / ノード フェイルオーバー プラン]ページに移動します。
  2. [期間]セレクタで、カウンタ グリッドとカウンタ グラフに過去の統計を表示する期間を選択します。
    カウンタ グラフにプライマリ ノード、パートナー ノード、推定テイクオーバー ノードの統計が表示されます。
  3. [グラフを選択]リストで、[ 使用済みパフォーマンス容量]を選択します。
  4. [ 使用済みパフォーマンス容量]グラフで、[内訳]を選択し、[ズーム ビュー]をクリックします。
    [ 使用済みパフォーマンス容量]の詳細グラフが表示されます。

  5. 詳細グラフにカーソルを合わせて、ポップアップ ウィンドウに表示される使用済みパフォーマンス容量の情報を確認します。
    [ 空きパフォーマンス容量]の割合は、推定テイクオーバー ノードで使用可能なパフォーマンス容量です。これは、フェイルオーバー後にテイクオーバー ノードに残っているパフォーマンス容量を示します。0%の場合は、フェイルオーバーによってテイクオーバー ノードのレイテンシが許容できないレベルまで増加します。
  6. その場合、空きパフォーマンス容量の割合の低下を回避するための対処を検討します。
    ノードのメンテナンスのためにフェイルオーバーを予定している場合は、空きパフォーマンス容量の割合が0でない時間帯にパートナー ノードを停止するようにします。