[スケジュールの作成]ダイアログ ボックス

[スケジュールの作成]ダイアログ ボックスを使用すると、SnapMirror関係とSnapVault関係の転送の基本または詳細な保護スケジュールを作成できます。データ更新を頻繁に行うために、データ転送の頻度を増やすことを目的とした新しいスケジュールを作成できます。データがあまり変更されない場合は、少ない頻度のスケジュールを作成することもできます。

SnapMirror同期関係にスケジュールを設定することはできません。

デスティネーション クラスタ
[保護設定]ダイアログ ボックス[SnapVault]タブまたは[SnapMirror]タブで選択したクラスタの名前。
スケジュール名
スケジュールに指定する名前。スケジュール名には、A~Z、a~z、0~9、および特殊文字(! @ # $ % ^ & * ( ) _ -)を使用できます。< >をスケジュール名に含めることはできません。
[基本]または[詳細]
使用するスケジュール モード。
「基本」モードには次の要素が含まれます。
  • 繰り返し

    スケジュールされた転送が発生する頻度。「毎時」、「毎日」、「毎週」のいずれかを選択できます。

  • 「毎週」の繰り返しを選択した場合に転送が発生する曜日。

  • 時間

    「毎日」または「毎週」を選択した場合に転送が発生する時刻。

「詳細」モードには次の要素が含まれます。
  • カンマで区切った数値のリスト。月を表します。有効な値は0~11です。0は1月を表し、以降も同様です。この要素はオプションです。このフィールドを空にすると、毎月転送が発生します。

  • カンマで区切った数値のリスト。日にちを表します。有効な値は1~31です。この要素はオプションです。このフィールドを空にすると、指定した月に毎日転送が発生します。

  • 曜日

    カンマで区切った数値のリスト。曜日を表します。有効な値は0~6です。0は日曜を表し、以降も同様です。この要素はオプションです。このフィールドを空にすると、指定した週に毎日転送が発生します。曜日を指定し、日にちを指定していない場合は、毎日ではなく指定した曜日にのみ転送が発生します。

  • 時間

    カンマで区切った数値のリスト。1日のうちの時間数を表します。有効な値は0~23です。0は午前0時を表します。この要素はオプションです。

  • カンマで区切った数値のリスト。1時間のうちの分数を表します。有効な値は0~59です。この要素は必須です。