保護ジョブの失敗の解決

このワークフローでは、Unified Managerのダッシュボードで保護ジョブの失敗を特定して解決する方法の例を示します。

開始する前に

このワークフローの一部のタスクは、管理者ロールでのログインを必要とするため、各種機能を使用するために必要なロールを把握しておく必要があります。

タスク概要

このシナリオでは、[ダッシュボード]ページにアクセスして保護ジョブに問題がないかどうかを確認します。[保護インシデント]領域に「ジョブ停止」インシデントが表示されており、ボリュームで「保護ジョブ失敗」エラーが発生したことがわかります。このエラーを調べて、考えられる原因と解決策を特定します。

手順

  1. ダッシュボードの[未解決のインシデントとリスク]領域[保護インシデント]パネルで、[保護ジョブ失敗]イベントをクリックします。
    ヒント:イベントのリンク テキストは、object_name:/object_name - Error Nameの形式で記述されます(例:cluster2_src_svm:/cluster2_src_vol2 - Protection Job Failed)。
    失敗した保護ジョブの[イベントの詳細]ページが表示されます。
  2. [サマリ]領域の[原因]フィールドに表示されるエラー メッセージを確認して問題を特定し、実行可能な対処策を評価します。