[ディレクトリの参照]ダイアログ ボックス

[ディレクトリの参照]ダイアログ ボックスは、元のソースとは別のクラスタおよびSVM上のディレクトリにデータをリストアする場合に使用します。デフォルトでは、元のソース クラスタとボリュームが選択されます。

[ディレクトリの参照]ダイアログ ボックスでは、データのリストア先となるクラスタ、SVM、ボリューム、およびディレクトリ パスを選択できます。

クラスタ
リストア先として指定できるクラスタのリストが表示されます。デフォルトでは元のソース ボリュームのクラスタが選択されます。
SVMドロップダウン リスト
選択したクラスタで使用可能なSVMのリストが表示されます。デフォルトでは元のソース ボリュームのSVMが選択されます。
ボリューム
選択したSVM内の読み書き可能なボリュームがすべて表示されます。ボリュームは、名前や使用可能なスペースでフィルタできます。最もスペースが大きいボリュームから順に一覧表示されます。デフォルトでは元のソース ボリュームが選択されます。
[ファイル パス]テキスト ボックス
データのリストア先となるファイル パスを入力できます。すでに存在するパスを入力する必要があります。
名前
選択したボリュームで使用可能なフォルダの名前が表示されます。[名前]リストでフォルダをクリックすると、サブフォルダが表示されます(存在する場合)。フォルダ内のファイルは表示されません。フォルダを選択してからをクリックすると、ディレクトリ構造の1つ上のレベルに移動します。

コマンド ボタン

各コマンド ボタンを使用して次のタスクを実行できます。

ディレクトリの選択
選択内容を適用して[ディレクトリの参照]ダイアログ ボックスを閉じます。ディレクトリを選択していない場合は、このボタンが無効になります。
キャンセル
選択内容を破棄して[ディレクトリの参照]ダイアログ ボックスを閉じます。