[ボリューム / 健全性の詳細]ページでのSnapMirror保護関係の作成

データ レプリケーションを有効にしてデータを保護するために、[ボリューム / 健全性の詳細]ページを使用してSnapMirror関係を作成することができます。SnapMirrorレプリケーションを使用すると、ソースでデータ損失が発生した場合にデスティネーション ボリュームからデータをリストアできます。

開始する前に

タスク概要

[保護]メニューは、以下に該当する場合は表示されません。

保護ジョブは、10件までであれば、パフォーマンスに影響を及ぼすことなく同時に実行できます。11~30件のジョブを同時に実行すると、パフォーマンスが低下することがあります。30件を超えるジョブを同時に実行することは推奨されません。

手順

  1. [ボリューム / 健全性の詳細]ページ[保護]タブで、トポロジ ビューに表示された保護するボリュームの名前を右クリックします。
  2. メニューから[保護] > [SnapMirror]を選択します。
    [保護設定]ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. [SnapMirror]をクリックして[SnapMirror]タブを表示し、デスティネーションの情報を設定します。
  4. [詳細]をクリックしてスペース ギャランティを必要に応じて設定し、[適用]をクリックします。
  5. [保護設定]ダイアログ ボックス[デスティネーション情報]領域[関係設定]領域の設定を完了します。
  6. [適用]をクリックします。
    [ボリューム / 健全性の詳細]ページに戻ります。
  7. [ボリューム / 健全性の詳細]ページの上部にある保護設定ジョブのリンクをクリックします。
    ジョブのタスクと詳細が[ジョブの詳細]ページに表示されます。
  8. [ジョブの詳細]ページで、[更新]をクリックして保護設定ジョブに関連付けられているタスクのリストと詳細を更新し、ジョブがいつ完了するかを確認します。
  9. ジョブのタスクが完了したら、ブラウザの[戻る]をクリックして[ボリューム / 健全性の詳細]ページに戻ります。
    新しい関係が[ボリューム / 健全性の詳細]ページのトポロジ ビューに表示されます。

タスクの結果

設定で指定したデスティネーションSVMと詳細設定で有効にしたオプションに応じて、次のいずれかのSnapMirror関係が作成されます。