[ソース Snapshot コピーの選択]ダイアログ ボックス

[ソース Snapshot コピーの選択]ダイアログ ボックスを使用して、保護関係間でデータを転送する特定のSnapshotコピーを選択するか、またはデフォルトの動作を選択します。選択するオプションは、関係を初期化、更新、再同期するかどうか、および関係がSnapMirrorとSnapVaultのどちらかによって異なります。

デフォルト

SnapVault関係およびSnapMirror関係の初期化、更新、転送の再同期に使用されるSnapshotコピーを決定する際のデフォルトの動作を選択できます。

SnapVault転送を実行する場合、各処理のデフォルトの動作は次のとおりです。
処理 ソースが読み取り / 書き込みの場合のデフォルトのSnapVaultの動作 ソースがデータ保護(DP)の場合のデフォルトのSnapVaultの動作
初期化 新しいSnapshotコピーを作成して転送します。 最後にエクスポートされたSnapshotコピーを転送します。
更新 ポリシーの指定に従って、ラベルが設定されたSnapshotコピーだけを転送します。 最後にエクスポートされたSnapshotコピーを転送します。
再同期 最も新しい共通のSnapshotコピーのあとに作成され、ラベルが設定されたすべてのSnapshotコピーを転送します。 ラベルが設定された最新のSnapshotコピーを転送します。
SnapMirror転送を実行する場合、各処理のデフォルトの動作は次のとおりです。
処理 デフォルトのSnapMirrorの動作 関係がSnapMirror-SnapMirrorカスケード構成の2番目のホップである場合のデフォルトのSnapMirrorの動作
初期化 新しいSnapshotコピーを作成して、そのSnapshotコピーおよびその前に作成されたすべてのSnapshotコピーを転送します。 ソースからSnapshotコピーをすべて転送します。
更新 新しいSnapshotコピーを作成して、そのSnapshotコピーおよびその前に作成されたすべてのSnapshotコピーを転送します。 すべてのSnapshotコピーを転送します。
再同期 新しいSnapshotコピーを作成して、ソースからSnapshotコピーをすべて転送します。 セカンダリ ボリュームから3番目のボリュームにすべてのSnapshotコピーを転送し、最も新しい共通のSnapshotコピーの作成後に追加されたデータを削除します。

既存の Snapshot コピー

リストから既存のSnapshotコピーを選択できます(Snapshotコピーの選択が許可されている場合)。

Snapshot コピー
転送用に選択可能な既存のSnapshotコピーが表示されます。
作成日
Snapshotコピーが作成された日時が表示されます。最新のSnapshotコピーがリストの先頭に表示されます。
SnapVault転送の実行時に、ソースからデスティネーションに転送する既存のSnapshotコピーを選択する場合、各処理の動作は次のようになります。
処理 Snapshotコピーを指定する場合のSnapVaultの動作 カスケード構成のSnapshotコピーを指定する場合のSnapVaultの動作
初期化 指定したSnapshotコピーを転送します。 データ保護ボリュームに対しては、ソースSnapshotコピーの選択がサポートされません。
更新 指定したSnapshotコピーを転送します。 データ保護ボリュームに対しては、ソースSnapshotコピーの選択がサポートされません。
再同期 選択したSnapshotコピーを転送します。 データ保護ボリュームに対しては、ソースSnapshotコピーの選択がサポートされません。
SnapMirror転送の実行時に、ソースからデスティネーションに転送する既存のSnapshotコピーを選択する場合、各処理の動作は次のようになります。
処理 Snapshotコピーを指定する場合のSnapMirrorの動作 カスケード構成のSnapshotコピーを指定する場合のSnapMirrorの動作
初期化 ソース上のすべてのSnapshotコピー(指定したSnapshotコピーまで)を転送します。 データ保護ボリュームに対しては、ソースSnapshotコピーの選択がサポートされません。
更新 ソース上のすべてのSnapshotコピー(指定したSnapshotコピーまで)を転送します。 データ保護ボリュームに対しては、ソースSnapshotコピーの選択がサポートされません。
再同期 ソースからすべてのSnapshotコピー(選択したSnapshotコピーまで)を転送し、最も新しい共通のSnapshotコピーの作成後に追加されたデータを削除します。 データ保護ボリュームに対しては、ソースSnapshotコピーの選択がサポートされません。

コマンド ボタン

各コマンド ボタンを使用して次のタスクを実行できます。

送信
選択項目を送信して[ソース Snapshot コピーの選択]ダイアログ ボックスを閉じます。
キャンセル
選択内容を破棄して[ソース Snapshot コピーの選択]ダイアログ ボックスを閉じます。