[SnapMirror ポリシーの作成]ダイアログ ボックス

[SnapMirror ポリシーの作成]ダイアログ ボックスを使用すると、SnapMirror転送の優先順位を設定するポリシーを作成できます。ポリシーを使用することで、ソースからデスティネーションへの転送効率を最大化できます。

デスティネーション クラスタ
[保護設定]ダイアログ ボックス[SnapMirror]タブで選択したクラスタの名前。
デスティネーション SVM
[保護設定]ダイアログ ボックス[SnapMirror]タブで選択したSVMの名前。
ポリシー名
新しいポリシーに指定する名前。ポリシー名には、A~Z、a~z、0~9、ピリオド(.)、ハイフン(-)、およびアンダースコア(_)を使用できます。
転送の優先順位
非同期操作の転送を実行する優先順位。[標準]または[低]を選択できます。転送の優先順位として「標準」を指定したポリシーを使用する関係の転送は、「低」を指定したポリシーを使用する関係の転送の前に実行されます。
コメント
オプションのフィールド。ポリシーに関するコメントを追加できます。
転送再開
転送が中止処理または何らかの障害(ネットワークの停止など)によって中断されたときに行う再開のアクションを示します。次のいずれかを選択できます。
  • 常に再開する

    転送を再開する前に新しいSnapshotコピーを作成し、既存のSnapshotコピーが存在する場合は、チェックポイントから転送を再開して、そのあとに新しく作成したSnapshotコピーに基づく差分転送を実行するように指定します。

  • 再開しない

    中断された転送を再開しないように指定します。

コマンド ボタン

各コマンド ボタンを使用して次のタスクを実行できます。

キャンセル
選択内容を破棄して[保護設定]ダイアログ ボックスを閉じます。
適用
選択項目を適用して保護プロセスを開始します。