[リストア]ダイアログ ボックス

[リストア]ダイアログ ボックスでは、特定のSnapshotコピーからボリュームにデータをリストアできます。

リストア元

[リストア元]領域では、データのリストア元を指定できます。

ボリューム
データのリストア元となるボリュームを指定します。デフォルトでは、リストア操作を開始したボリュームが選択されます。リストア操作を開始したボリュームと保護関係にあるすべてのボリュームを表示するドロップダウン リストから別のボリュームを選択することもできます。
Snapshot コピー
データのリストアに使用するSnapshotコピーを指定します。デフォルトでは最新のSnapshotコピーが選択されます。ドロップダウン リストから別のSnapshotコピーを選択することもできます。[Snapshot コピー]リストの内容は、選択したボリュームに応じて変わります。
最大 995 個のファイルとディレクトリを表示する
デフォルトでは、最大995個のオブジェクトがリストに表示されます。選択したボリューム内のすべてのオブジェクトを表示する場合は、このチェックボックスを選択解除できます。アイテムの数が非常に多い場合は、この処理が完了するまでに時間がかかることがあります。

リストアする項目を選択

[リストアする項目を選択]領域では、リストアの対象として、ボリューム全体または特定のファイルやフォルダを選択できます。最大10個のファイル、フォルダ、または両者の組み合わせを選択できます。アイテムを最大数まで選択すると、アイテム選択チェック ボックスが無効になります。

[パス]フィールド
リストアするデータのパスが表示されます。リストアするフォルダとファイルに移動するか、またはパスを入力できます。パスを選択または入力するまで、このフィールドには何も表示されません。パスを選択したあとでをクリックすると、ディレクトリ構造の1つ上のレベルに移動します。
[フォルダ / ファイル]リスト
入力したパスの内容が表示されます。デフォルトでは、最初にルート フォルダが表示されます。フォルダ名をクリックすると、そのフォルダの内容が表示されます。

リストアするアイテムは次のように選択できます。

注:NTFSファイル ストリームはリストアできません。

リストア先

[リストア先]領域では、データのリストア先を指定できます。

ボリューム Volume_Name内の元の場所
選択したデータを、データのバックアップが行われたソース上のディレクトリにリストアします。
別の場所
選択したデータを新しい場所にリストアします。
  • リストア パス

    選択したデータをリストアする代替パスを指定します。既存のパスを指定する必要があります。[参照]ボタンを使用してデータのリストア先に移動するか、またはパスを「cluster://svm/volume/path」の形式で入力できます。

  • ディレクトリ階層を維持

    このチェック ボックスをオンにすると、元のファイルまたはディレクトリの構造が維持されます。たとえば、ソースが「/A/B/C/myFile.txt」、デスティネーションが「/X/Y/Z」である場合、Unified Managerはデスティネーションでディレクトリ構造「/X/Y/Z/A/B/C/myFile.txt」を使用してデータをリストアします。

コマンド ボタン

各コマンド ボタンを使用して次のタスクを実行できます。

キャンセル
選択内容を破棄して[リストア]ダイアログ ボックスを閉じます。
リストア
選択した内容でリストア プロセスを開始します。