ストレージ サービスをサポートするためのSVMとリソース プールの要件

ストレージ サービスに固有のSVMの関連付けおよびリソース プールに関するいくつかの要件に準拠すると(Unified ManagerSVMを関連付けてリソース プールを作成し、パートナー アプリケーションが提供するストレージ サービスの保護トポロジをサポートする場合など)、パートナー アプリケーションの適合性が向上します。

一部のアプリケーションは、Unified Managerサーバと連携し、ソース ボリュームとセカンダリ ストレージまたは3番目のストレージにある保護ボリュームとの間でSnapMirrorまたはSnapVaultバックアップによる保護を自動的に設定して実行するサービスを提供します。このような保護ストレージ サービスをサポートするには、Unified Managerを使用して、必要なSVMの関連付けとリソース プールを設定する必要があります。

ストレージ サービスのシングルホップまたはカスケード構成の保護(SnapMirrorソースまたはSnapVaultプライマリ ボリュームからデスティネーションSnapMirrorまたはセカンダリ ストレージ / 3番目のストレージにあるSnapVaultバックアップ ボリュームへのレプリケーションを含む)をサポートするには、以下の要件を確認してください。