[ボリューム / 健全性の詳細]ページを使用したデータのリストア

[ボリューム / 健全性の詳細]ページのリストア機能を使用して、上書きまたは削除したファイルやディレクトリ、あるいはボリューム全体をSnapshotコピーからリストアすることができます。

開始する前に

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

NTFSファイル ストリームはリストアできません。

リストア オプションは、以下に該当する場合は使用できません。

手順

  1. [ボリューム / 健全性の詳細]ページ[保護]タブで、リストアするボリュームの名前をトポロジ ビューで右クリックします。
  2. メニューから[リストア]を選択します。
    現在詳細を表示しているボリュームを保護する場合は、[操作]メニューから[リストア]を選択します。
    [リストア]ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. デフォルトの設定と異なる場合は、データをリストアするボリュームとSnapshotコピーを選択します。
  4. リストアする項目を選択します。
    ボリューム全体をリストアすることも、リストアするフォルダやファイルを指定することもできます。
  5. 選択した項目をリストアする場所として、[元の場所]または[別の既存の場所]のどちらかを選択します。
  6. 別の既存の場所を選択した場合は、次のいずれかを実行します。
    • データのリストア先のパスを[リストア パス]テキスト フィールドに入力し、[ディレクトリの選択]をクリックします。
    • [参照]をクリックして[ディレクトリの参照]ダイアログ ボックスを開き、次の手順を実行します。
      1. リストア先のクラスタ、SVM、ボリュームを選択します。
      2. [名前]テーブルで、ディレクトリ名を選択します。
      3. [ディレクトリの選択]をクリックします。
  7. [リストア]をクリックします。
    リストア プロセスが開始されます。
    注:Cloud Volumes ONTAPのHAクラスタ間のリストア処理がNDMPのエラーで失敗する場合は、ソース システムのクラスタ管理LIFと通信できるように、デスティネーション クラスタで明示的なAWSのルートを追加しなければならないことがあります。この設定手順はOnCommand Cloud Managerで行います。