遅延の問題の解決

このワークフローでは、遅延の問題を解決する方法の例を示します。このシナリオでは、管理者またはオペレータが、Unified Manager[ダッシュボード]ページにアクセスして保護関係に問題がないかどうかを確認し、問題がある場合は解決策を探します。

開始する前に

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

[ダッシュボード]ページ[未解決のインシデントとリスク]領域を見ると、[保護]ペインの[保護リスク]の下に「SnapMirror 遅延」エラーが表示されています。

手順

  1. [ダッシュボード]ページ[保護]ペインで、SnapMirror関係の遅延エラーを探してクリックします。
    遅延エラー イベントの[イベントの詳細]ページが表示されます。
  2. [イベントの詳細]ページで、次のタスクを1つ以上実行できます。
    • [サマリ]領域の[原因]フィールドに表示されるエラー メッセージを参照して、推奨される対処策がないかを確認します。
    • [サマリ]領域の[ソース]フィールドでオブジェクト(ここではボリューム)の名前をクリックして、ボリュームの詳細情報を表示します。
    • このイベントに関して追加されたメモを確認します。
    • イベントにメモを追加します。
    • イベントを特定のユーザに割り当てます。
    • イベントに応答するか、またはイベントを解決します。
  3. このシナリオでは、[サマリ]領域の[ソース]フィールドでオブジェクト(ここではボリューム)の名前をクリックして、ボリュームの詳細情報を表示します。
    [ボリューム / 健全性の詳細]ページ[保護]タブが表示されます。
  4. [保護]タブで、トポロジ図を確認します。
    3つのボリュームで構成されるSnapMirrorカスケードの最後のボリュームで遅延エラーが発生していることがわかりました。選択したボリュームがダークグレーの線で囲まれます。ソース ボリュームから延びるオレンジ色の二重線は、SnapMirror関係のエラーを示しています。
    SnapMirrorの遅延のカスケード トポロジ
  5. SnapMirrorカスケード内の各ボリュームをクリックします。
    別のボリュームを選択すると、[サマリ][トポロジ][履歴][イベント][関連デバイス][関連するアラート]の各領域に表示される保護情報が、そのボリュームに関連する詳細情報に変わります。
  6. [サマリ]領域で、各ボリュームの[スケジュールの更新]フィールドに表示される情報アイコンにカーソルを合わせます。
    このシナリオでは、SnapMirrorポリシーがDPDefaultであり、SnapMirrorスケジュールが毎時5分に更新されます。関係内のすべてのボリュームが同時にSnapMirror転送を試行することがわかりました。
  7. 遅延の問題を解決するには、カスケードされたボリュームのうちの2つのスケジュールを変更して、ソースが転送を完了してからデスティネーションがSnapMirror転送を開始するようにします。