[Storage Virtual Machine の関連付けの作成]ウィザード

[Storage Virtual Machine の関連付けの作成]ウィザードを使用すると、ソースとデスティネーションのStorage Virtual Machine(SVM)を関連付けて、SnapMirrorとSnapVaultの保護関係で使用することができます。

ソース SVM の選択

[ソース Storage Virtual Machine の選択]パネルを使用すると、SVMの関連付けのソース(プライマリ)SVMを選択できます。

すべて
任意のSVMソースと1つ以上のデスティネーション(セカンダリ)SVMの間で関連付けを作成できます。つまり、現時点で保護を必要とする既存のすべてのSVMおよび今後作成される任意のSVMが指定したデスティネーションSVMに関連付けられます。たとえば、異なる場所にある複数のソースのアプリケーションを1箇所にある1つ以上のデスティネーションSVMにバックアップできます。
シングル
特定のソースSVMを1つ以上のデスティネーションSVMに関連付けることができます。たとえば、データを互いに分離する必要のある多数のクライアントにストレージ サービスを提供する場合は、このオプションを選択して、特定のSVMソースを、対象のクライアントにのみ割り当てられる特定のSVMデスティネーションに関連付けます。
なし(外部)
ソースSVMとデスティネーションSVMの外部のフレキシブル ボリュームの間で関連付けを作成できます。
  • Storage Virtual Machine

    使用可能なソースSVMの名前が表示されます。

  • クラスタ

    SVMが配置されているクラスタが表示されます。

次の種類の関係を許可
関連付けの関係タイプを選択できます。
  • SnapMirror

    関連付けのタイプとしてSnapMirror関係を指定します。このオプションを選択すると、選択したソースからデスティネーションへのデータ レプリケーションが可能になります。

  • SnapVault

    関連付けのタイプとしてSnapVault関係を指定します。このオプションを選択すると、選択したプライマリの場所からセカンダリの場所へのバックアップが可能になります。

保護のデスティネーションを選択

[Storage Virtual Machine の関連付けの作成]ウィザード[保護のデスティネーションを選択]パネルを使用すると、データをコピーまたはレプリケートする場所を選択できます。クラスタごとに1つのデスティネーションSVMでのみ関連付けを作成できます。

コマンド ボタン

各コマンド ボタンを使用して次のタスクを実行できます。

ウィザードの次のページに進みます。
戻る
ウィザードの前のページに戻ります。
終了
選択項目を適用して関連付けを作成します。
キャンセル
選択内容を破棄して[Storage Virtual Machine の関連付けの作成]ウィザードを閉じます。