バージョンに依存しないレプリケーションを使用したSnapMirror関係の作成

バージョンに依存しないレプリケーションを使用してSnapMirror関係を作成できます。バージョンに依存しないレプリケーションを使用すると、ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームが別のバージョンのONTAPで実行されている場合でも、SnapMirror保護を実装できます。

開始する前に

タスク概要

バージョンに依存しないレプリケーションを使用するSnapMirrorでは、すべてのストレージが1つのバージョンのONTAPで実行されていない異機種混在ストレージ環境でもSnapMirror保護を実装できます。ただし、バージョンに依存しないレプリケーションを使用するSnapMirrorで実行されるミラー処理は、従来型のブロック レプリケーションによるSnapMirrorで実行されるミラー処理ほど高速ではありません。

手順

  1. 保護するボリュームの[保護設定]ダイアログ ボックスを表示します。
    • [ボリューム / 健全性の詳細]ページ[保護]タブを表示している場合は、保護するボリュームの名前を含むトポロジ ビュー内を右クリックして、メニューから[保護] > [SnapMirror]を選択します。
    • [健全性:すべてのボリューム]ビューを表示している場合は、保護するボリュームを探して右クリックし、メニューから[保護] > [SnapMirror]を選択します。
    [保護設定]ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. [SnapMirror]をクリックして[SnapMirror]タブを表示します。
  3. [保護設定]ダイアログ ボックス[デスティネーション情報]領域[関係設定]領域の設定を完了します。
    保護するソース ボリュームよりも前のバージョンのONTAPで実行されるデスティネーションSVMを指定する場合、および以前のバージョンでバージョンに依存しないレプリケーションがサポートされる場合は、バージョンに依存しないレプリケーションを使用するSnapMirrorがこのタスクによって自動的に設定されます。
  4. ソース ボリュームと同じバージョンのONTAPで実行されるデスティネーションSVMを指定し、さらにバージョンに依存しないレプリケーションを使用するSnapMirrorを設定する場合は、[詳細]をクリックしてバージョンに依存しないレプリケーションを有効にしてから、[適用]をクリックします。
  5. [適用]をクリックします。
    [ボリューム / 健全性の詳細]ページに戻ります。
  6. [ボリューム / 健全性の詳細]ページの上部にある保護設定ジョブのリンクをクリックします。
    ジョブのタスクと詳細が[ジョブの詳細]ページに表示されます。
  7. [ジョブの詳細]ページで、[更新]をクリックして保護設定ジョブに関連付けられているタスクのリストと詳細を更新し、ジョブがいつ完了するかを確認します。
  8. ジョブのタスクが完了したら、ブラウザの[戻る]をクリックして[ボリューム / 健全性の詳細]ページに戻ります。
    新しい関係が[ボリューム / 健全性の詳細]ページのトポロジ ビューに表示されます。