失敗した保護ジョブの再試行

失敗した保護ジョブの修正措置を行ったあとに、[再試行]を使用してジョブを再実行できます。ジョブを再試行すると、元のジョブIDを使用して新しいジョブが作成されます。

開始する前に

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

失敗したジョブは一度に1つずつ再試行できます。複数のジョブを選択すると[再試行]ボタンは無効になります。再試行できるのは、タイプが保護設定および保護関係の操作のジョブだけです。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、 [保護] > [ジョブ]をクリックします。
  2. ジョブのリストから、タイプが保護設定または保護関係の操作の失敗したジョブを1つだけ選択します。
    [再試行]ボタンが有効になります。
  3. [再試行]をクリックします。
    ジョブが再実行されます。