バージョンに依存しないレプリケーションとバックアップ オプションを使用したSnapMirror関係の作成

バージョンに依存しないレプリケーションおよびバックアップ オプション機能を使用してSnapMirror関係を作成できます。バックアップ オプション機能を使用すると、SnapMirror保護を実装できます。また、デスティネーションの場所でバックアップ コピーの複数のバージョンを保持することもできます。

開始する前に

タスク概要

バックアップ オプション機能を使用してSnapMirrorを設定すると、SnapMirrorディザスタ リカバリ機能(ボリュームのフェイルオーバーなど)によってデータを保護できます。同時に、SnapVault機能(複数のバックアップ コピーによる保護など)を提供することもできます。

手順

  1. 保護するボリュームの[保護設定]ダイアログ ボックスを表示します。
    • [ボリューム / 健全性の詳細]ページ[保護]タブを表示している場合は、保護するボリュームの名前を含むトポロジ ビュー内を右クリックして、メニューから[保護] > [SnapMirror]を選択します。
    • [健全性:すべてのボリューム]ビューを表示している場合は、保護するボリュームを探して右クリックし、メニューから[保護] > [SnapMirror]を選択します。
    [保護設定]ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. [SnapMirror]をクリックして[SnapMirror]タブを表示します。
  3. [保護設定]ダイアログ ボックス[デスティネーション情報]領域[関係設定]領域の設定を完了します。
  4. [詳細]をクリックして[詳細なデスティネーション設定]ダイアログ ボックスを表示します。
  5. [バージョンに依存しないレプリケーション]チェック ボックスがまだオンになっていない場合は、ここでオンにします。
  6. [バックアップ オプションあり]チェック ボックスをオンにしてバックアップ オプション機能を有効にし、[適用]をクリックします。
  7. [適用]をクリックします。
    [ボリューム / 健全性の詳細]ページに戻ります。
  8. [ボリューム / 健全性の詳細]ページの上部にある保護設定ジョブのリンクをクリックします。
    ジョブのタスクと詳細が[ジョブの詳細]ページに表示されます。
  9. [ジョブの詳細]ページで、[更新]をクリックして保護設定ジョブに関連付けられているタスクのリストと詳細を更新し、ジョブがいつ完了するかを確認します。
  10. ジョブのタスクが完了したら、ブラウザの[戻る]をクリックして[ボリューム / 健全性の詳細]ページに戻ります。
    新しい関係が[ボリューム / 健全性の詳細]ページのトポロジ ビューに表示されます。